映画『エマニエル夫人』のポスターは日本オリジナル。主演シルビア・クリステルの写真使用料は100万円。映画の買い付け額とほぼ同額を投じた一人の映画宣伝マン「一世一代の賭け」の行方は…

 グーグルの検索窓に「籐いす」と入力すると「籐椅子 回転」「ニトリ 籐椅子」などと並んで、「エマニエル夫人 籐椅子」という変換候補が表示される。映画『エマニエル夫人』が公開されてから40年以上が経っても、籐椅子に座るエマニエル夫人の姿は、多くの人の心に焼き付いているのだ。

 続編が公開された当時は小学生で愛知県刈谷市に住んでいた、NHK BS「アナザーストーリーズ」プロデューサーの河瀬大作も、そのポスターを目がけて自転車を走らせた。

 「『すごいのがあるよ!』という友達と一緒に、『エマニエル夫人』を上映していた映画館まで、30分くらいかけて見に行きました。その映画館に着く前から、町のあちこちにその写真を使った立て看板があるんですね。見て『すごい!』となるのですが、自転車を止めて正視することは、気恥ずかしいし大人に怒られそうで、できない。『うわあ~~』と思いながら、横目で見て通り過ぎていました」

「男性には売らない。女性に売るんだ」

 『エマニエル夫人』は地下出版された小説を原作としたフランス映画。日本へは日本ヘラルドによってもたらされた。フランスでの公開前にそれを見た日本ヘラルドの社員・井関惺は「正直物足りなかった」。しかし井関の先輩である山下健一郎には別の考えがあった。

 「これはいける。これは女性に売るんだ」と考えた。

 日本で封切られたのは1974年12月下旬。長嶋茂雄が現役引退を表明し、田中角栄内閣が総辞職をした直後だ。この頃を少し振り返ると、1972年2月に浅間山荘事件が起き、同年7月に田中角栄内閣が発足している。翌1973年にはブルース・リーが死に、読売ジャイアンツがV9を達成した。

 「今から振り返ると、1974年は、高度成長が落ち着き、一つの時代が終わった年だったように思います。その中で、女性は社会に出て、当たり前に人生を楽しもうとし始めていたのではないでしょうか」(河瀬)