村の住民からのヒアリングも重ね、手探りで憲法の形を作っていく。

 その結果、国で言えば国会に当たる「議会」を作り、内閣に当たる「執行委員会」を作り、そこで行われていることに不服があれば、島民によってリコールができるようにし、権力を分立させた。

 「いろいろな憲法学者が見たときに、一番驚く部分じゃないかと思います」(憲法学者の榎澤幸広)

伊豆大島で見つかった幻の憲法を研究する榎澤幸宏
伊豆大島で見つかった幻の憲法を研究する榎澤幸宏

 素人集団がなぜ、権力の暴走を抑える仕組みを持つ憲法をつくることができたのか。

空襲被害に遭った島民たちの答え

 郷土史家の古橋研一は、大島の位置が大きく関係していると考えている。

 戦争末期の大島は、本土防衛の最前線だった。空襲の被害にも遭っている。

 「戦争したら、絶対にいいことない。基盤は平和。世界中、仲良くしなければいけないということは、あの戦争で身に沁みていると思います」

 〈大島ノ統治権ハ島民二在リ〉も、彼らが自分たちで決めたこと。

 結局、大島暫定憲法完成の少し後に、大島は日本の統治下から外れることはないと決められた。草案づくりに奔走した島の人たちは、後に公布された日本国憲法の第1条をどんな思いで読んだだろう。

 「自分たちの思いは間違っていなかった。改めて誇らしく思ったんじゃないですか」(中田)

 では、日本国憲法に直接、大きな影響を与えた人たちはどんなことを考えていたのか。それについても2月15日水曜21時からNHK-BSプレミアムで放送する「アナザーストーリーズ」で紹介する。ちょっと面倒だが、日本国憲法、それから自民党による改正草案を一読してからだと、面白みが深まるはずだ。(敬称略)

新刊『今だから、話す 6つの事件、その真相
好評発売中

当連載『時効スクープ~今だから、聞けた』でご紹介してきたNHK-BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の数々のストーリー。そこから選りすぐりの6つの事件を収録した書籍ができました。番組ディレクターたちの「現場の声」とともに、事件の新たな一面に光を当てます。
当時は話せなかったが、今なら話せる。いや、「真実」を話しておくべきだ――。過去に埋もれた「思い」を掘り起こすと、「知られざるストーリー」が浮かび上がってきました。

<改めて知る、6つの事件>

●日航機墜落事故 1985  レンズの先、手の温もり、「命の重さ」と向き合った人々
●チャレンジャー号爆発事故 1986  悲しみを越えて、「夢」を継ぐ者たちがいる
●チェルノブイリ原発事故 1986  隠されたはずの「真実」は、そこに飾られていた
●ベルリンの壁、崩壊 1989  「歴史の闇」を知る者が静かに、重い口を開いた
●ダイアナ妃、事故死 1997  作られたスクープ、彼女の「最後の恋の駆け引き」
●大統領のスキャンダル 1998  翻弄し、翻弄された3人の女と、2人のクリントン

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。