「衛星写真を使った情報解析は、各国の政府機関が昔から取り組んできたことではある。しかし従来は人間の目に多くの分析を頼っていたため、スケール(拡張)することが難しかった。ディープラーニング(深層学習)をはじめとするAI、画像認識技術の進化によって、民間企業が数百万~数千万件の衛星写真を解析できる時代がやってきた」。Orbital Insightの最高ビジネス責任者、Kevin E O'Brien氏はそう語る(写真1)。

写真1●Orbital Insightの最高ビジネス責任者であるKevin E O'Brien氏
[画像のクリックで拡大表示]

米国政府を上回る調査力

 米国における原油貯蔵量は、政府機関のEIA(Energy Information Agency)が調査し公表している。「EAIは電話を使って人手で原油貯蔵量を調査しているため、統計を作成するのに3日を要している。しかし我々は衛星写真を集めたら1時間以内に、全米の原油貯蔵量を割り出せる」(O'Brien氏)。政府機関の情報収集力を民間企業が上回っているということだ。

 同社が衛星写真から割り出すデータは多岐にわたる。米国の小売業における来客数や自動車の輸出入台数、住宅着工件数、農地開発の動向などを様々なデータを、政府機関が経済統計として発表する前にいち早く提供する。これらのデータはヘッジファンドなどの米国の投資家が購入し、株式市場や商品市場での投資判断に活用しているのだという。

駐車場の車の台数を数えて来店客数を予測

 例えば小売業における来客数の分析には、ショッピングモールや大規模小売店舗の駐車場を撮影した衛星写真を使用する。Orbital InsightがDigitalGlobeやAirbusから購入する衛星写真の分解能(解像度)は50センチメートル。高解像度の衛星写真を深層学習ベースで開発した画像認識エンジンによって分析することによって、駐車場にある自動車の台数を正確にカウントしているのだ。

 同社が定点観測しているのは、全米にある26万店舗の小売店や5600カ所のショッピングモールの駐車場だ。駐車場の車の台数から国や州レベルでの小売業の景気動向だけでなく、大手小売チェーン165社の業績も予測する。

 Orbital Insightは、Planet Labsが80個以上を展開する極小衛星が撮影する写真も分析に使用し始めている。Planet Labsの衛星写真のポイントは、撮影頻度が週次と高いことだ。従来は月次の動向を分析するのが精一杯だったが、Planet Labsの衛星写真を使うことで週次でのデータ分析も可能になる。