米国でスマートフォン用位置ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」が爆発的なブームとなっている。米サンフランシスコの街中などでは、平日の昼間に多くの大人達がスマホをのぞき込みながら街を歩き回り、「ポケモン」収集に励んでいる。

 ポケモンGOの人気を確かめるために筆者がサンフランシスコに繰り出したのは2016年7月13日(米国時間)のこと。ポケモンGOが米国でリリースされたのが2016年7月6日(同)なので、ちょうど1週間が経過している。実際に街に出てみると、ポケモンGOのプレーヤーはすぐに見つかった(写真1)。

写真1●ポケモンリュックを背負ってポケモンGOをプレーする男性

 この男性はポケモンを集める「モンスターボール」(カプセル)をあしらったリュックサックを背負いながら、サンフランシスコの「フィナンシャルディストリクト」や「ユニオンスクエア」に近いダウンタウンで、ポケモンGOに励んでいた。

 話を聞けば、昔からの熱心なポケモンファンで、サンフランシスコにあるテクノロジー関連企業に勤めるエンジニアとのこと。オフィスはこの近所にある。「平日の昼間なのに仕事はどうしているの?」と尋ねたところ、「休憩時間にオフィスの周りでポケモンGOをしてるよ」という返事が返ってきた(写真2)。

写真2●サンフランシスコのテクノロジー企業に勤務するという男性
写真3●ポケモンGOでポケモンを収集する画面

 ポケモンGOはスマホを片手にプレーヤーが実際に街を歩きながら、「ポケモン」を収集するゲームだ(写真3)。街中にある観光名所やモニュメント、小売店などには、アイテムを手に入れられる「ポケストップ」や、自分のポケモンをほかのプレーヤーのポケモンと戦わせる「ジム」が設定されている。プレーヤーはこうしたポケストップやジムを経由しながら街を歩き回るので、それらが設定されている観光名所には特に、ポケモンGOのプレーヤーが集まっている(写真4)。

 プレーヤーは観光名所なのに名所は見ずにスマホをのぞき込み、しばらく立ち止まるとすぐに移動を始める。出会ったポケモンをゲットしたり、ポケストップにチェックインしてアイテムなどをゲットしては、その場所をすぐに立ち去っているわけだ。

写真4●サンフランシスコの観光名所「ユニオンスクエア」