ネットワークエンジニアの仕事を人工知能(AI)が置き換える──。ネットワーク機器大手の米シスコシステムズは2017年6月26〜28日に米国ラスベガスで開催したイベント「Cisco Live 2017」で、新しい企業ネットワークの仕組み「インチュイティブネットワーク」を発表した。

Cisco Liveで対談する米アップルのティム・クックCEO(左)と米シスコシステムズのチャック・ロビンスCEO
[画像のクリックで拡大表示]

 インチュイティブとは「直感」という意味。ネットワーク管理ソフトウエアが「直感力」を持ち、新しい端末の接続やアプリケーションの通信パターンの変化、外部からの攻撃などを検知し、適切な対策をAIが自律的に施すようになるという。

 従来はネットワークエンジニアがシスコ独自のCLI(コマンド・ライン・インターフェース)を覚えて設定ファイルを記述したり、IPアドレスやACL(アクセス・コントロール・リスト)、VLANなどを管理したりしていた。シスコのチャック・ロビンスCEO(最高経営責任者)は、今後はこれらの作業が必要なくなると説明する。

IOSがLinuxベースに

 シスコはインチュイティブネットワークを実現するために、基幹スイッチ(コアスイッチ)である「Catalyst 9000」シリーズのネットワークOS「IOS」を25年ぶりに全面刷新した。同時にネットワーク管理ソフトの「DNA Center」、セキュリティ管理ソフトの「SD(Software-Defined) Access」などを追加した。

 IOSはこれまでシスコ独自のカーネルを使用していたが、Linuxベースになった。それによって、IOS上で様々なアプリケーションを動かせるようになる。代表例がネットワークを流れるデータをCatalyst上で分析する「Cisco Network Data Platform」だ。