米Googleがエンタープライズ市場攻略を加速している。その象徴がクラウド事業トップに就任したDiane Greene氏だ。米VMwareを創業し、同社のCEO(最高経営責任者)として企業に「仮想化」を根付かせたGreene氏は、Goolgeを「エンタープライズITベンダー」に変えようと目論む。

 Greene氏がGoogleのクラウド事業を統括するSenior Vice Presidentに就任したのは2015年12月のこと。Googleの親会社である米Alphabetは、Greene氏が起業したスタートアップの米Bebopを3億8000万ドルで買収し、Greene氏にクラウド事業をゆだねた。

 1998年にVMwareを創業し、同社のCEOを2008年まで務めたGreene氏は「エンタープライズITビジネスを知り尽くした人物」だ。またGreene氏は2012年からGoogleの取締役も務めており、Googleの社内事情も熟知する。

 これまでは「(Google創業者の)Larry Page氏にエンタープライズビジネスについてアドバイスしてきた」というGreene氏。助言役から実行役へと役割を変えたGreene氏(写真1、2)が、Googleのクラウド事業をどう導くのか。詳しく話を聞いた。

(聞き手は中田 敦=シリコンバレー支局)

まずはGoogleのクラウド事業を率いることになった経緯を教えてください。

 私はGoogleの取締役として、「クラウド事業のトップとして誰が適任か」などをアドバイスして来ましたが、まさか私自身がその任につくとは思っていませんでした。

写真1●Googleのクラウド事業を統括するDiane Greene氏
[画像のクリックで拡大表示]

 直近まで私が経営していたBebopは、企業にとって使いやすいパブリッククラウドの開発を目指していました。Googleのクラウド事業のチームと話をする中で、私たちのチームと彼らのチームが一緒になることが、Googleの優れたテクノロジーを企業顧客に届ける上で最良の選択肢になると考えるようになり、Googleに参加することを決断しました。

エンタープライズでの実績が知られていない

 Googleのクラウドインフラストラクチャーである「Google Cloud Platform」の上では、業務アプリケーションのSaaS(Software as a Services)である「Google Apps」が稼働しており、Google Appsを数多くの企業顧客が活用しています。つまりGoogleのクラウドは、エンタープライズ市場での実績を既に挙げているわけですが、多くの人々がその事実自体を知りません。

 Googleにおける私のミッションは、企業顧客に対してGoogleのクラウドのメリットを正しく伝えることであり、システムインテグレーターなどのパートナーと協力して、企業顧客へのサポートを今まで以上に強化することです。特にGoogleとパートナーが一体になってサポートを提供する体制を整えることが、最も重要だと考えています。