本当に写真専門の美術館の展覧会なのか。東京都写真美術館で開かれている「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展は、そんな疑問を抱かせる。理屈っぽいことなどは気にせずに、現代美術家・杉本博司の表現を見るために展覧会を鑑賞すればいいという意見もあるだろう。ただ、カメラ機能を持つ携帯電話やスマートフォンが広く普及し、SNSなど撮った写真を他者に見せる場も増える中で、「写真」の役割を改めて考えるのにいい機会になるので、ここではあえて気にしてみたい。

「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展会場風景。3階の展示室入り口付近には「海景」シリーズがかかっている

 3階の展示室に入ると、最初の小さなスペースにこそ杉本を写真の作家として世界的に有名にした1980~90年代頃制作の「海景」シリーズの1枚がかかっていた。しかし歩を進めると、風化した板壁や錆にまみれたトタン板で囲まれた空間が広がっている。高度成長期に入る前の昭和、あるいはテレビの映像などを通じて記憶の底に蓄積されている戦前の日本を連想させた。

「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展会場風景。錆びたトタン板とぼろぼろの板壁に囲まれている

 展示されている物の大半は、いわゆる美術品ではなかった。ボロボロの作業用のつなぎだったり、今の50代以上なら記憶の底にありそうな牛乳配達用の木箱だったり。昔日本の街角でおばあさんが座って店番をしていたようなたばこ屋の店舗の実物らしいものもあった。

「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展会場風景。昭和を感じさせるたばこ屋の店先