フランスのガラス作家、エミール・ガレ(1846~1904年)の代表作に、とんぼの形をあしらった器がある。季節感のある昆虫だが、ガレがあしらったのは、秋の風景の中で飛んでいるような風流な類のデザインではない。大きなとんぼが、側面に大きな存在感を見せて立体的に張りついているのだ。

脚付杯《蜻蛉》
(1903-04年、サントリー美術館蔵、無断転載禁止)

 東京・六本木のサントリー美術館で開催中の「エミール・ガレ」展では、会場に入ってすぐの場所に展示されていた。同展の企画を担当した土田ルリ子同館学芸副部長は次のように話す。

 「ガレは1904年に白血病で亡くなる。その直前の03~04年頃、5~6つ、とんぼの作品をつくり、友人に形見分けのように贈ったのです」

 とんぼの器は、作家自身を象徴する作品だったと想像できる。だからこそ、こんなにも印象的なのだろうか。

《蜻蛉》展示風景。
左に展示されているのは、ガレの工房にいたルイ・エストーの習作《蜻蛉》
(1903年以降、オルセー美術館蔵)

 とんぼといえば、日本の神話の世界では日本を象徴させることもある昆虫ゆえ馴染み深いが、もちろんフランスにもいる。一方で、昆虫を愛するのは日本人の特質と言われることがある。少し前に、江戸時代の公卿、烏丸光廣が制作した《虫歌合巻》という絵と書を融合した作品を東京の出光美術館で見た時に、虫を愛でる日本人の趣味がいかに雅なことであるかに思いが及んだ。日本人がガレのとんぼに引かれるのは、そんな感じ方を背景に持っていることもあるのだろう。

 フランスには昆虫学者アンリ・ファーブルがいたが、かなり例外的な存在だったようだ。ガレはひょっとするとファーブル並みに変わった、そして日本人に近い感覚を持ったフランス人だったのかもしれない。

 欧米では芸術性の視点で工芸は美術よりも一段低く見られる傾向があった。ガレが制作したガラス器にも基本的には花を生けるなどの用途があり、絵画や彫刻など作品そのものを見せることを目的とする美術とは異なる捉え方をされてきた。工芸品であれば、社会のニーズのある図柄をあしらったり、用途に合った形を追求したりするのが一般的だろう。ガレの作品も多くは器ゆえ基本はそうである。だが、究極の部分ではそうではないのではないか。極めて強い美術家としての主張を感じるのだ。