女性の立ち姿のヌードを3つ並べて異なるポーズを描き、《智・感・情》というタイトルをつけた3枚1組の絵画。古今東西の美術作品を眺めてきた筆者のささやかな経験の中では、ギリシャ神話の三美神を1枚に描いた作品を目にしたことはあるが、3枚にヌードを描き分けて一つの作品にした類例を見た記憶がない。とにかく特殊。学生の頃から何度か見て記憶の底に焼き付いていた。黒田清輝(1866~1924年)の作品だ。

黒田清輝《智・感・情》
(1899[明治32]年、油彩、カンヴァス、各180.6×99.8cm、東京国立博物館蔵、重要文化財)

 東京国立博物館平成館で開催中の特別展「生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠」の会場でこの作品と久しぶりの再会を、と見に行ったら、裸体画の章を割り当てた一画があったのに、そこで《智・感・情》は発見できなかった。「出品されているはずなのになぜだろう」と頭の中に疑問符を浮かべながら歩を進めると、最後の展示室の主役としてトリを飾るように壁に掛かっていた。展覧会の企画者も《智・感・情》を特別な存在と捉えているのだろうと納得した。

東洋と西洋がこれでもかと混在

 作品の前に立つ。まず訴えかけてくるのは、プロポーションが整った裸体の美しさだ。どの女性像も、顔の長さと身長の比率は1:7くらい。「八頭身」という既成の言葉を当てはめてもいいだろう。しかも、足が著しく長く、身長のちょうど半分くらいはある。

黒田清輝ポートレート