「デジタルツイン」とは? 現実空間のものを仮想空間にデジタル複製したものを指します。文字通り「デジタルの双子」です。デジタル複製したものはどのように活用されるのでしょうか。

産業のDX化のカギになると期待されているこの技術は、現実世界のあらゆるデータを仮想空間に転送し、現実空間の「双子」を再現、人、モノ、環境において、さまざまなシミュレーションを可能にします。大規模になり、精巧になるほど、予測できることが広がります。

少しずつ実用化が進んでいるデジタルツインについて、1分動画にまとめました。

(映像制作=Spectrum)
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「ミライレンズ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

11月30日まで日経ビジネス電子版の「無料開放ウィーク」を実施中

 日経ビジネス電子版は2022年11月24日(木)14時から11月30日(水)16時までの期間、「無料開放ウィーク」を実施します。通常は有料会員のみが見られる記事をすべて開放。どなたでもお読みいただけます。

 2022年10月に読まれた有料記事のランキングを以下のリンクに掲載しています。この機会に、日経ビジネスの有料記事をぜひご覧ください。

※雑誌と同じレイアウトで読める「誌面ビューアー」など、期間中でも有料会員限定の機能があります。

2022年10月の有料記事ランキング
https://business.nikkei.com/atcl/info/19/00132/