答えなき悩みの一つとして、「老いや死」との向き合い方があります。どんなに成功して権力を得ても、悩んでしまうその事象。ある不老不死の昔話を軸に、人間の「生への渇望」に対する向き合い方を考え直してみませんか。

佛心宗大叢山福厳寺住職・大愚和尚
佛心宗大叢山福厳寺住職・大愚和尚

老いを感じると死にたくないと感じる

 尿の切れが悪くなった、本や新聞の文字が読みにくくなった、白髪やシワが増えた。

 誰もが老いを感じる瞬間です。

 私たちは若い頃から、自分にも老いが来ることを知っていました。けれども、老いについて知っていることと、実際に老いることを受け入れられるかどうかは別ものです。

 ついに、その時がやってきたと感じる。「老い」に気付き、ショックを受けた瞬間から、心は次のような感情にとらわれます。

 「老いは嫌だ」「病気は嫌だ」「俺が死んだらこの会社はどうなるんだ」「とにもかくにも、死ぬのは嫌だ」と。

 そして、「いつまでも長生きしたい」という、かなわぬ夢を見始める。

 社会的な地位が高い人であったとしても、成功者としてあがめ立てられている人であったとしても、その幻想に取りつかれてしまう人は少なくありません。かくして、古今東西、人々は不老不死を目指して、さまざまな「あがき」を繰り返してきました。

 とくに、秦の始皇帝の「生への執着」は有名です。

 『史記』によれば、紀元前219年、始皇帝は、徐福という道教の術士に命じて不老不死の薬を求める旅に出させます。徐福は、童男童女3000人を従えて山東省から出航しますが、再び戻ることはありませんでした。

 諦めきれぬ始皇帝は、臣下を国内外に派遣して、不老不死の仙薬を研究させていましたが、ついに丹薬(たんやく)と呼ばれる秘薬を作り上げました。

 しかし、丹薬の主原料となった辰砂(しんしゃ)には、猛毒である水銀が硫黄と結びついた「硫化水銀」が含まれていたのです。

 誰よりも「不老不死」を望み、誰よりも「不老不死」に金をつぎ込んだ始皇帝は、皮肉にも「不老不死」の秘薬と信じて飲み続けた、猛毒によって49歳という若さで死去します。長生きを望まずに丹薬を飲まない方が、もしかしたら長生きできたかもしれませんね。

 秦の始皇帝ほどの絶対的権力と富を手に入れた王でさえ、最後に執着するものは「生」なのです。

 始皇帝の死から2200年。ヒトゲノムが解読され、肝細胞技術による再生医療が進展する現代においてなお、いまだ不老不死の秘薬やその道筋すら開発されていません。もちろん、今後さらなる研究が進むことで、いつかその方法が出現して、「不老不死」が実現するかもしれません。

 しかし、「死から逃れること」や「老いなくなること」は、本当に幸福なことなのでしょうか。

次ページ ある昔話から生を考える