「故人のAIとチャットしたい」と考える遺族 その需要と課題

折田教授が行った「残されたデータとどう向き合っているか」の調査を基に作成。初出は22年9月発表の「情報処理学会研究報告/第97回電子化知的財産・社会基盤(EIP)2022-EIP-97-3」
閉じる