最高のパートナーとの出会い方

犬王は友魚に出会ったことで、時間が動き始めました。監督は、アニメを作る上でのパートナー選びで信念はありますか。

湯浅監督:制作においては、自分とは違う価値観を持つ人と組むことを心がけています。作中の犬王なんかは、無難に生きるほうが得だとか、空気を読んだほうがいいなんて感じていない、活動的なところが魅力的ですよね。考え方が異なるからこそ、時に魅力を感じ、時にぶつかり合う。いい作品作りには必須だと思っています。

ビジネスの成功も、そういった人と出会えるかにかかっている気がします。どうやって深い関係性をつくっていけばいいのでしょうか。

湯浅監督:長時間の会議やディスカッションの中では、そうしたつながりは生まれないと思います。時に価値観が異なることでむき出しに感情をぶつけ合うこともあるのではないでしょうか。犬王と友魚は、不遇ながらも異なる価値観を持っていた。でも、深いところでは音楽でつながり合っていたから離れなかった。

 お互いに刺激を与えて、力を貸し合う関係性や、相手に惹かれる心というのは、打算的な中では生まれません。そうなりたいと思える相手と偶然に出会ったとき、同じ部分と違う部分を見極め、互いに認め合うことが何より大切なことではないでしょうか。

『犬王』
公開日:5月28日(土) 全国ロードショー
配給:アニプレックス、アスミック・エース
公式サイト:INUOH-anime.com
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「PLUSな視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。