世界情勢は悪化の一途をたどり、ウクライナへの侵攻でロシアは一線を越えてしまった。ロシアとNATO(北大西洋条約機構)の深まる対立。その構図は、解決の糸口が見えないままに対立を深める米国と中国の関係性にも重なる。新たな冷戦ともいわれる両国の対立はなぜ起こり、どこに向かっていくのか。トランプ政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたH・R・マクマスターの著書『戦場としての世界 自由世界を守るための闘い』(日本経済新聞出版)の出版を記念し、国際政治学者で東京大学東洋文化研究所の佐橋亮准教授と、北岡伸一・東京大学名誉教授の特別対談のもようを「米中対立の変容を読む」シリーズとして掲載する。シリーズ2回目のテーマは、米国の視野の狭さと戦略的ナルシシズムだ。
(この対談は2021年11月16日に行われたものです)

佐橋亮・東京大学東洋文化研究所准教授(以下、佐橋氏):米中対立が激化した1つの要因に、トランプ政権の誕生があると思います。同政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたH・R・マクマスターは著書『戦場としての世界』の中で、「戦略的ナルシシズム(自己陶酔)」と「戦略的エンパシー(感情移入)」という言葉を使っていて面白いなと感じました。

 戦略的ナルシシズムというのは、自分の見方を中心において物事を理解してしまう。中国は変わるという見通しを前提にした中国への関与政策など、従来の中国政策はここで間違っていた。米国外交のさまざまな過ちも、この戦略的ナルシシズムにあった。一方、戦略的エンパシーは、相手の立場から物事を考えること。これをすれば、国際政治を正しく動かすことができるとマクマスターは書いています。

 今、米中に限らず、多くの国がナルシシズムに酔い、自国中心の考え方に染まってしまっている気がします。この点について、北岡先生はどのようにお考えですか。

北岡伸一・東京大学名誉教授
北岡伸一・東京大学名誉教授
東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。立教大学教授、東京大学教授、在ニューヨーク国連代表部大使、国際大学学長などを歴任し、2015年から国際協力機構(JICA)理事長を務める。2011年、紫綬褒章受章。主著に『明治維新の意味』(新潮社)、『世界地図を読み直す―協力と均衡の地政学―』(新潮社)、編著に『西太平洋連合のすすめ―日本の「新しい地政学」』(東洋経済新報社)など。(写真:的野弘路)

北岡伸一・東京大学名誉教授(以下、北岡氏): ジョージ・W・ブッシュ大統領はイラク戦争の際、「米国はドイツも日本も民主化できたのだから、イラクでもできる」と述べた。日本の民主化のすべてを米国が率いたかのようなこの発言には驚きました。ドイツも日本も長い民主化の歴史の蓄積があってこそ戦後の民主化を成し遂げられたのです。

 米国は、1990年代以降、経済と情報で世界の覇権を取りに行きましたが、中東問題で大きくつまずきました。

 今のアフガニスタンもそうです。中央集権国家の樹立を目指していましたが頓挫しました。2002年に私自身もアフガニスタンに行って地方の軍閥に会いましたが、日本の中世の大名のように地方の安定には各地方の有力者の存在が重要な役割を果たしていました。ところが、米国は中央集権にこだわって失敗した。こうした背景には、先ほどおっしゃった戦略的ナルシシズムがあるのだと思いますね。