世界情勢は悪化の一途をたどり、ウクライナへの侵攻でロシアは一線を越えてしまった。ロシアとNATO(北大西洋条約機構)の深まる対立。その構図は、解決の糸口が見えないままに対立を深める米国と中国の関係性にも重なる。新たな冷戦ともいわれる両国の対立はなぜ起こり、どこに向かっていくのか。トランプ政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたH・R・マクマスターの著書『戦場としての世界 自由世界を守るための闘い』(日本経済新聞出版)の出版を記念し、国際政治学者で東京大学東洋文化研究所の佐橋亮准教授と、北岡伸一・東京大学名誉教授の特別対談のもようを「米中対立の変容を読む」シリーズとして掲載する。初回のテーマは米中対立が生じたきっかけを追う。
(この対談は2021年11月16日に行われたものです)

佐橋亮・東京大学東洋文化研究所准教授
佐橋亮・東京大学東洋文化研究所准教授
国際基督教大学卒。東京大学大学院博士課程修了、博士(法学)。オーストラリア国立大学博士研究員、スタンフォード大学客員准教授、神奈川大学教授を経て2019年から現職。外務省・科学技術外交推進会議委員。専攻は国際政治学、とくに米中関係、東アジアの国際関係。著書に『米中対立 アメリカの戦略転換と分断される世界』(中公新書)など。(写真:的野弘路)

佐橋亮・東京大学東洋文化研究所准教授(以下、佐橋氏):米中対立の悪化は日本の経済や安全保障にとって重大な影響をもたらすだけでなく、国際秩序にも深刻な影響を及ぼします。かつて米国はソ連(現ロシア)と長く対立し、冷戦とも呼ばれていました。現在の米中対立を新しい冷戦と見る向きもあります。北岡先生の目にはどのように映りますか。

北岡伸一・東京大学名誉教授(以下、北岡氏):かつての冷戦とは大きく異なるものだと考えます。米ソ冷戦はイデオロギーの対立を軸とした、第2次世界大戦後の事態であり、米ソ間には経済的な関係は少なかった。

 では、第1次世界大戦の時の英国とドイツの対立と比べるとどうか。当時の英独は、もっと同質性が高かった。

 一方、今の米中は異質な国同士である一方、経済的な相互依存は進んでいる。今までにない新しい現象でしょう。

佐橋氏:米国は中国に3つの期待をしていたと私は考えます。1つは市場経済への改革、2つ目が政治改革。そして最後は、西側諸国が中心となってつくり上げてきた国際秩序に、建設的な役割を果たしてくれるという期待です。その背景には中国が米国には追い付かないというおごり、慢心もあったでしょう。そして、米中関係が米国にとって望ましい国際秩序と整合的と考えてきたわけです。

 一方の中国は、米国との国交正常化後、成長するために西側諸国とのかかわりを成長のために活用してきましたが、近年はそれが、自らの政治体制の安全性に悪い影響を与えていると考えています。中国としてみれば、経済成長だけが目的ではなく、国内の政治体制を固め、自らの共産党統治を続けていくことが重要です。習近平(シー・ジンピン)体制が固まるにつれ、米国の期待に沿うような動きが急速にしぼんでいきました。

 英国とドイツのような同質性はなく、経済関係が薄かったソ連との対立ともまた異なると先生はおっしゃいましたが、私はその同質性のなさが重要だと思います。

 世界観が異なり、同質性が全くないにもかかわらず、その領域を両者がそれぞれにどんどん広げていっている。相互の不信が非常に深く、これが収束していくことがなかなか予見できない状況を見ると、やはり冷戦という言葉が近い気がします。あとは、すでに存在している経済の相互依存関係をどの程度まで改編する意志があるか、ということになります。