抜群に頭が良かった伊達者

 伊達政宗は隻眼であり、中央から遠く離れた奥州(おうしゅう)を治めていましたが、秀吉、家康の時代には、やはり目立つ存在でした。一世代遅れてきたといわれながらも、天下を狙っているのではないか、天下を盗むのではないか、と疑われたのです。秀吉、家康から、これほど警戒された大名はほかにいません。

 小十郎も優れていますが、政宗本人が抜群に頭が良かったことも忘れてはいけません。輝宗もそこが分かっていたからこその、力の入れようだったのでしょう。政宗はとくに、人を見て、どう交渉したらいいかを判断する「交渉能力」が卓越していました。

 例えば、政宗が小田原征伐で遅参したときに、白装束で秀吉の前に現れたという話はよく知られています。

 あれは、相手が秀吉だからやっているわけです。秀吉が政宗のパフォーマンスを面白がることが分かっていたからやったのです。政宗は、その場その場をコーディネートできる能力を持っていました。「伊達者」という言葉は政宗の、この才能からきています。

 しかもこのとき政宗は、万が一、秀吉が良い反応を示さなかったらどうするかということまで、考えていました。

 事前に前田利家と家康に話をします。利家と家康の領地を考えれば、地政学的に2人とも政宗を味方にしておきたいはずだ、と読んで、いざとなればこの2人が弁明してくれるだろうと考えながら、白装束で現れたわけです。

「抜群の頭の良さ、卓越した交渉力があり、秀吉、家康に最も警戒されたのが、この伊達政宗なのです」(筆者の加来耕三氏)
「抜群の頭の良さ、卓越した交渉力があり、秀吉、家康に最も警戒されたのが、この伊達政宗なのです」(筆者の加来耕三氏)

2度目の白装束

 小田原征伐の翌年、秀吉の奥州仕置(しおき)によって改易された旧領主の家臣が、反乱を起こす葛西・大崎一揆がありました。

 陸奥(むつ)国胆沢(いさわ)郡(現・岩手県奥州市)に発した一揆は、葛西・大崎旧領全域(宮城県北部から岩手県南部)に拡大。旧領主は伊達家に従属しており、領地ももともとは伊達家のものでした。政宗はここで、自分は表には出ませんでしたが、陰で首謀者に書状を送るなどして一揆を煽動(せんどう)していたのです。

 一揆自体は秀吉が差し向けた蒲生氏郷(がもう・うじさと)が鎮圧しましたが、その際、氏郷は政宗が首謀者に送った書状を手に入れることに成功したのです。秀吉は再び、政宗を呼びつけます。

 すると政宗は、また白装束で出て行くわけです。今度は家臣も引き連れ、しかも少しアレンジして全員が十字架を背負って行きました。

 白装束も2度目の上、さすがにやり過ぎているので、秀吉も「同じ手が効くか」と認めません。「動かぬ証拠がある。弁明できるならしてみろ」と突き放しました。普通なら、ここで終わっています。ところが政宗は、見事に弁明します。何と言ったか。「これは偽物です」と言い切ったのです。

 秀吉はさらに、「おぬしの花押(かおう)もあるではないか」と追求しました。

 すると政宗は、「この花押が偽物なのです」と言うのです。「私の花押は鶺鴒(せきれい)という鳥の姿を模しています。その鶺鴒の目のところに、私は針で突いて穴を空けております。しかし、この書状には穴がありません。もしご不審なら、今まで私が殿下に送った書状をすべてお調べください」と。

 調べてみると政宗の言う通り、過去に受け取ったすべての書状の花押には針で突いた穴が空いていたのです。これが政宗のすごいところです。一揆を起こす連中に渡す書状など、どこで敵方や裏切り者の手に落ちるか知れたものではない、と花押を針で突いて穴を空けていなかったわけです。

 さすがの秀吉もぐうの音も出ず、政宗は再び許されました。しかし、政宗が「危ないヤツ」であることは、喚問の場にいた皆が思っています。そこには家康もいて、2人のやり取りをじっと聞いていました。

次ページ 家康との親戚関係が解消に