7Sの応用

[画像のクリックで拡大表示]

 図2は、7Sを組織変革の観点から並べてみたものです。まず環境変化があり、それが戦略の変更を要請します。Systems(特に人事評価など)とStructureを変革のツールとして用い、かつ強力なリーダーシップによるコミュニケーションなどを総動員し、変わりにくいソフトの4つのSを根気強く変えていくことが求められます。

 それを実現した例として有名なのが、1993年以降の米IBMの変革です。それまでのIBMは「ハード(機械)売り」の意識から抜け出せず、また典型的な大企業病に陥っていたことから、顧客から大きな不満を持たれていました。

 そこに外部から招聘(しょうへい)されたのが、米アメリカン・エキスプレスや米RJRナビスコなどで最高経営責任者(CEO)を務めたルイス・ガースナー新CEOです。ガースナーは戦略をハード売りからソリューション提供に変えるとともに、組織図も製品別の組織から顧客別の組織に変えました。評価制度もハードの販売額などではなく、顧客満足度などに重点を移しました。同時に、彼自らがリーダーシップを発揮し、役員陣を激励することで、IBMをソリューションカンパニーに導くとともに、ネットワークコンピューティングなどにも道筋をつけたのです。IBMほどの大きな会社であっても、その気になれば変革は可能なのです。

7Sが生かせる場面

 7S分析は経営者やマネジャーが自社や自部署の組織的特徴を見るのに便利なツールです。その典型的な使用シーンは以下のようなケースです。

  • 経営戦略に沿った望ましい組織になっているかを確認する
  • 組織の強みや弱点、不整合のある箇所を把握し、より生産的な組織へと変えていく
  • M&A先の組織が自社にフィットするかを見極める
  • 将来の環境変化が組織にどのような影響を与えそうかを予測する
  • 変革に向けてどのような施策が必要かを検討する

 組織の分析ツールとして、非常に著名かつ効果的なので、ぜひ使いこなせるようになりましょう。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。