すき焼き=牛肉という概念に一矢報いる

 追加でもう1品を選ぶとしたら、宮崎地鶏たたき(1900円)や黒豚のせいろ蒸し(1500円)も捨てがたいところだが、やはりもも焼きと並ぶ同店名物、宮崎地鶏のすき焼き(3500円)になるだろう。弾力と歯応えがある宮崎地鶏は、すき焼きにもぴったり。少し甘めの割下に、白菜、春菊、えのき、しいたけ、にんじん、長ねぎ、玉ねぎ、豆腐、ごぼうなど多彩な野菜のうま味がにじみ出し、絶品のすき焼きに仕上がる。また、生卵は純系名古屋コーチンの卵を使用しているという、こだわりもいい。

 すき焼きは、名古屋コーチン(3800円)や比内地鶏(3800円)でも注文できる。複数人で来店した場合は、「宮崎地鶏と名古屋コーチン」「宮崎地鶏と比内地鶏」というセットで食べ比べするのも一興。1人当たりの単価は、飲み物を入れて9000円程度だ。

「すき焼きは牛肉」という概念に、一矢報いそうな「宮崎地鶏のすき焼き」。注文は2人前から(写真は1人前)。地鶏のみの追加注文も受けつけている
「すき焼きは牛肉」という概念に、一矢報いそうな「宮崎地鶏のすき焼き」。注文は2人前から(写真は1人前)。地鶏のみの追加注文も受けつけている

次ページ コロナ禍で仕入れ業者の会社が倒産