今回ご紹介した哲学者

メルロ=ポンティ(1908-1961)

 フランスの哲学者。哲学史上初めて本格的に身体を主題にとらえた。身体は自分のものであると同時に、世界と自分をつなぐ媒介としての両義性があることを明らかにした。著書に『知覚の現象学』などがある。

カール・ヒルティ(1833-1909)

 スイスの哲学者。スイス陸軍の裁判長にのぼりつめた法学者でもある。三大幸福論にも数えられる『幸福論』の著者としても知られる。その他の著書に『眠られぬ夜のために』などがある。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「解決の鍵は哲学者に聞け!!ー小川仁志」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。