人の営みの中で生まれた悩み。数千年前、哲学者たちも同じことを悩んできました。毎回、現代人の悩みごとを2人の哲学者の視点で切り取ります。モヤッとしていた悩みの解決策は、哲学に答えがあるはずです。

 働き方改革が叫ばれようと、コロナ禍でテレワークが普及しようと、結局働かなければならない! その事実はこれからも変わりません。人間は太古の昔から、働かなければ生きていけないのです。王様でさえ、統治という仕事をしてきたように(ただし、病気などによってそれができない場合を除く)。

 というわけで、今回のテーマは「働く」です。2人の哲学者の異なる視点を軸に、人生の悩みの解を探してみてください。

次ページ アーレント「みんなのために働きなさい」