子どもを小学4年生(正確には4年生になる前の冬)から塾に通わせ、模試などの偏差値を基準に受験校を決め、合格を目指すというのが長らく中学受験の王道とされてきた。しかし、セオリー通りの受験には落とし穴がある。受験のプロである塾に頼りすぎることで起きる弊害もある。受験のイニシアチブは“親”が握ることが、幸せな受験に重要な要素なのだ。

いつの間にか塾に握られる志望校選択の主導権

 中学を受験するほとんどの家庭では、子どもを塾に通わせることが大前提となっている。とくに首都圏においては、人気の塾の場合、わざわざ低学年から通わせる家庭もある。こうした塾は、受験勉強の指導はもちろんのこと、実際に通っている生徒からの情報や、プロならではの知見や視野の広い情報を聞けるので、大きなメリットがあることは間違いないだろう。しかし、いつの間にか塾に志望校選択のイニシアチブを握られてしまうという危うさもある。

 多くの中学受験塾では、御三家と呼ばれる名門伝統校を筆頭に、より偏差値や知名度の高い学校に合格することに価値を置く傾向が強い。まるで営業成績のように「○○中学○人合格!」と掲げる塾では、合格者実績を優先するバイアスが働き、子どもを名の知れた学校に1人でも多く合格させることが講師陣の指名になっているケースが多々見られる。これは、翌年の生徒の入塾者数に大きく影響があるからだ。中には、圧倒的な合格者実績を見て高学年になってから転塾を希望する親もいるほどだ。

 しかし、果たして自分の子どもがその“○人”の1人としてカウントされるために、高いお金を払って塾に通わせるべきなのだろうか? この疑問が持てる保護者は「幸せな受験」に向けての歩みを進められる保護者だろう。

 成績順でクラス分けや序列をつける塾では「このクラスにいるならこのレベルの学校を受けるのが当然」や、「より偏差値の高い学校に合格することがより良いことだ」といった意識が、授業を通して子どもたちに刷り込まれることがある。そして、残念ながら、この塾での成績や価値観が、普段の生活に持ち込まれてしまうケースも見られる。

 「○○ちゃんは特別クラスに上がってこられないね」と、同じ学校に通う同級生から学校で無視されるようになったという子ども。塾に言われるがままに志望校を変え、全く知らない学校を受験して不幸な結果を招くケースは少なからず存在している。

 対して賢い保護者は、子どもに対して、偏差値を意識しすぎないように注意を払っている。偏差値の序列がその子にとって「良い学校」であることと「イコールではない」ということに気づきはじめているからだ。

続きを読む 2/6 受験校選びは如実に変化

この記事はシリーズ「中学受験の道しるべー目指せ!幸せな受験は何処に」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。