債券の商品性について

 債券は、簡単にいえば「借金の証書」です。一般企業や政府は、大きなプロジェクト遂行のためや予算確保のため、あるいは一度に数百億円から数千億円単位で資金調達(借金)をするため、とてもではないですが大手の銀行や生命保険だけから資金を調達するわけにはいきません。

 お金を借りやすくするために、借金を一口100円なり、1000ドルなりに細分化して、貸してくれる人に借用書の形で販売するのが債券です。当然、債券は借金と同じですので、借金返済期日(債券満期日)までは、決まった利率で利子を払うことを約束し、借金返済期日になった際には、決められた額を返済することを確約します。

 そして、その借金に対して半年ごとや四半期ごとなど定期的にクーポン(利子)が支払われます。債券の満期、つまり借金の返済期限まで利子が支払われ続けることから、安定的な収益を期待できます。

 クーポンは、米国債や日本国債であれば年間2回支払われることになり、元本に対する利率が債券に表記されています。このクーポンについては、基本的に債券の生涯にわたって変わりませんが、クーポンが満期までの期間に変動する債券も少なからず存在します。

次ページ 債券と株式の違いについて