時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2022-2023』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

大谷翔平

 1994年岩手県生まれのプロ野球選手。小学3年生から野球を始め、小中学校、高校で全国大会を経験し、花巻東高校3年生のときにアマチュア史上初となる時速160キロメートルの球速を記録した。

 ドラフト1位指名を受け、2013年に北海道日本ハムファイターズへ入団。代名詞となる投手と打者を兼任した「二刀流」で14年にはプロ野球史上初の10勝10本塁打を記録し、翌15年に投手3冠(最多勝・最優秀防御率・最高勝率)に輝いた。16年にはパ・リーグのベストナインで史上初の投手と指名打者のダブル受賞を果たし、チームの10年ぶりの日本一に貢献した。

 18年からは米国メジャーリーグ(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスと契約し、1年目でMLB史上初の10登板、20本塁打、10盗塁を達成した。

 21年は、シーズン終盤まで本塁打王争いを繰り広げ、投手としても9勝を挙げるなど投打ともに自己最高の成績を残した。本塁打王のタイトルは惜しくも逃したが、日本人史上最多となる46本塁打を記録。また同年7月のオールスター戦には史上初めて投手と指名打者の二刀流で投打同時出場を果たした。

 米スポーツ界で活躍をした選手に贈られ、スポーツ界のアカデミー賞といわれるESPY賞の「ベストMLB選手」部門に日本人選手で初めて選出された。選手間投票による年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」と、ア・リーグ最優秀野手、打撃のベストナインに相当する「シルバースラッガー賞」にも輝いた。ア・リーグ最優秀選手(MVP)では最終候補に残っている。

※本内容は、『日経キーワード2022-2023』(2021年12月発行)のものとなります
日経キーワード 2022-2023』(日経HR編集部)

 時事・経済ニュースがみるみる分かるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。11テーマ、キーワードは500以上掲載。

 K字経済、SDGs、半導体不足、リスキリング、DX、宇宙ビジネス、脱炭素、ヤングケアラー、8050問題……。

 就職・転職、資格試験、公務員試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。

 幅広いテーマについて「よく耳にするけれども、うまく説明できない…」 そんな言葉の意味や背景が分かる。
1キーワードの解説をコンパクトにまとめ、定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適。

 巻頭企画は激動の2021年を振り返り、未来を理解し生きぬくために重要な語を集めた「2021年の10大キーワード」。

 巻末「資料編」には日経ならではの「基礎用語 ミニ辞典」など、押さえておくと役立つ資料をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。