時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2021-2022』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

ヤフー・LINE経営統合

 2019年11月、検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(ZHD)とLINEは経営統合することで合意した。両社の直近の通期売上高を単純合算すると約1兆2800億円で、楽天(19年12月期に1兆2639億円)を上回り、国内ネット企業で首位に立つ。ZHDは同年9月に衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOの買収を発表しており、今後はインターネット関連サービスを幅広く手がける企業へと変身する。

 20年8月に公正取引委員会の承認を得られたことで、21年3月に統合が実現する見通しだ。統合に向け、両社の親会社であるソフトバンクと韓国のネイバーがLINEのTOB(株式公開買い付け)を行い、同社は上場廃止になる。統合後は、ソフトバンクとネイバーが折半出資する新会社の下にZHDを置き、ヤフーとLINEがZHDの100%子会社としてぶら下がる形態となる。

 ZHDとLINEが提供するサービスの利用者は国内だけで1億人規模に達する。両社はSNS(交流サイト)から金融、小売りまで幅広く提供しており、今後は1つのスマートフォン向けアプリで生活に必要なあらゆるサービスを受けられる「スーパーアプリ」が誕生する可能性がある。

(本内容は、日経キーワード2021-2022発行時点(2020年12月)の内容になります。)
日経キーワード 2021-2022』(日経HR編集部)

 ウィズコロナ時代必携! 時事・経済ニュースがみるみるわかるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。14テーマ、キーワードは500以上収録。新しい生活様式、総合取引所、菅内閣、ギグワーカー、脱プラスチック、DX、VUCA、インフォデミック……。

 

 就職、公務員試験、資格試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。巻頭カラー企画は、コロナ禍と技術革新で変わる近未来の様子を見通す「どう変わる? “新しい生活"」。巻末の「資料編」には日経ならではのミニ辞典として、「経済・金融」「国際」などの基礎用語をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。