時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2021-2022』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

OPECプラス

 中東・アフリカを中心とした産油国からなる石油輸出国機構(OPEC)の加盟国13カ国に、ロシアやメキシコなど10カ国を加えた組織。2016年12月に設立された。世界の石油生産量の約4割を占めるが、設立から間もなく、サウジアラビアとロシアの主導の下、石油価格の安定を目的に協調減産を始めた。

 国際石油市場におけるOPECの影響力は、世界的な再生可能エネルギーへの転換やシェールガスを含めた化石燃料の開発に積極的な米国(19年・石油産出量世界1位)がエネルギー自給率を高めたことなどで低下し続けている。さらにコロナ禍の影響で、世界の原油需要が大きく落ち込み、原油価格も、20年4月には一時、前年末の3分の1以下にまで下落した。新たな需要の創出が求められるが、OPEC内の政治的対立(サウジアラビアとイラン)、増産を続ける米国との折衝など、課題は山積している。

(本内容は、日経キーワード2021-2022発行時点(2020年12月)の内容になります。)
日経キーワード 2021-2022』(日経HR編集部)

 ウィズコロナ時代必携! 時事・経済ニュースがみるみるわかるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。14テーマ、キーワードは500以上収録。新しい生活様式、総合取引所、菅内閣、ギグワーカー、脱プラスチック、DX、VUCA、インフォデミック……。

 就職、公務員試験、資格試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。巻頭カラー企画は、コロナ禍と技術革新で変わる近未来の様子を見通す「どう変わる? “新しい生活"」。巻末の「資料編」には日経ならではのミニ辞典として、「経済・金融」「国際」などの基礎用語をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。