時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2021-2022』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

中国製品の排除

 米・トランプ政権誕生から続く米中の貿易摩擦は、制裁関税の応酬からハイテク分野での攻防へと拡大している。米国と欧州では、中国の通信サービスを排除する動きが広がっている。

 2020年8月、トランプ政権は、次世代通信規格5Gをリードするファーウェイ(華為技術)を含む中国通信技術大手5社とその製品・サービスを使う企業との取引を禁止する法律を施行した。米政府機関と取引する日本企業は800社以上(取引総額約1600億円)で、今後の日本経済への影響も小さくない。トランプ政権は、機密情報の漏洩阻止を理由に挙げているが、世界の登録者数20億人以上という中国の動画投稿アプリTikTokの使用も禁止しようとしていることから、「インターネットの分断につながる」という批判の声が上がった。5G通信ネットワークに対しては、英国とフランスも米国の動きに追従。国家安全保障上の重大なリスクになるとして、ファーウェイを排除する方針を打ち出している。

 日本でも20年8月、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」がTikTokを念頭に、アプリの利用制限を政府に提言することを確認したが、菅官房長官(当時)は「スポーツ庁と気象庁が広報目的で利用しており、とくに問題はない」との見解を示した。

(本内容は、日経キーワード2021-2022発行時点(2020年12月)の内容になります。)
日経キーワード 2021-2022』(日経HR編集部)

 ウィズコロナ時代必携! 時事・経済ニュースがみるみるわかるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。14テーマ、キーワードは500以上収録。新しい生活様式、総合取引所、菅内閣、ギグワーカー、脱プラスチック、DX、VUCA、インフォデミック……。

 就職、公務員試験、資格試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。巻頭カラー企画は、コロナ禍と技術革新で変わる近未来の様子を見通す「どう変わる? “新しい生活"」。巻末の「資料編」には日経ならではのミニ辞典として、「経済・金融」「国際」などの基礎用語をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。