時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2021-2022』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

菅内閣

 2020年9月16日、自民党の菅義偉(すが・よしひで)総裁が臨時国会で第99代首相に選出され、自民、公明両党による連立内閣が発足した。安倍晋三前首相の病気理由による辞任に伴うもので、7年8カ月ぶりの首相交代となった。

 国会での首相指名選挙に先立つ9月14日、自民党は安倍前首相(自民党前総裁)の後継を選ぶ総裁選を実施。菅氏が対立候補の岸田文雄元外相と石破茂元幹事長を破って第26代総裁に選ばれ、自民、公明両党が衆議院議席の過半数を占める国会で首相に選出された。

 菅首相は就任後初の記者会見で、新型コロナウイルス対策を最優先課題とし、社会経済活動との両立を目指すと表明。省庁の縦割り体質の打破と規制改革に意欲を示した。

 新内閣の閣僚20人のうち11人が9月16日に総辞職した第4次安倍再改造内閣で閣僚を務めていた。麻生太郎副総理・財務相のほか、茂木敏充外相、新型コロナ対応を担当する西村康稔経済再生担当相、公明党の赤羽一嘉国土交通相ら8人は再任で、加藤勝信官房長官、河野太郎行政改革・規制改革相ら3人が別のポストに就いた。初入閣は万博相の井上信治氏、防衛相の岸信夫氏ら5人。平均年齢は前の内閣の発足時からわずかに下がり60.4歳になった。総辞職前の安倍内閣では3人いた女性閣僚は2人になった。

 所信表明演説では「国民のために働く内閣」を唱え改革への意欲を示したが、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命拒否問題が波紋を呼んでいる。

(本内容は、日経キーワード2021-2022発行時点(2020年12月)の内容になります。)

日経キーワード 2021-2022』(日経HR編集部)

 ウィズコロナ時代必携! 時事・経済ニュースがみるみるわかるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。14テーマ、キーワードは500以上収録。新しい生活様式、総合取引所、菅内閣、ギグワーカー、脱プラスチック、DX、VUCA、インフォデミック……。

 

 就職、公務員試験、資格試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。巻頭カラー企画は、コロナ禍と技術革新で変わる近未来の様子を見通す「どう変わる? “新しい生活"」。巻末の「資料編」には日経ならではのミニ辞典として、「経済・金融」「国際」などの基礎用語をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。