時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2022-2023』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

ライブコマース

 インターネットのライブ動画配信と電子商取引(EC)を組み合わせた販売手法のこと。テレビ通販を生中継でネット配信するようなものだが、生中継の間に視聴者がチャット機能を使って質問し、売り手が答えるなど、双方向でやりとりしながら商品を購入できるのが特徴だ。売り手側は、配信者にタレントやSNS(交流サイト)上で影響力を持つインフルエンサーを起用して集客力を高めたり、自社の社員やショップ店員を起用して実店舗にいるかのような購買体験を提供することで購入を促す。買い手側は、文字や画像を使った従来のECサイトでは伝わりにくい商品の情報(サイズ感や使用感、作り手の思いなど)を知ることができ、疑問点があればすぐに質問できるメリットがある。

 ECで先行する中国では、ライブコマース市場が急成長している。国際会計事務所KPMGとアリ研究院が2020年10月に発表したレポートによると、中国のライブコマースの市場規模は19年の4338億元(約7.4兆円)から20年には1兆500億元(約18兆円)に急増。21年にはさらに2兆元(約34兆円)規模に膨らむ見通しを示している。日本ではまだ十分に浸透していないものの、若者を中心に利用者が増加しており、パナソニックや資生堂、三越伊勢丹ホールディングスといった大手企業もライブコマースに力を入れ始めている。

※本内容は、『日経キーワード2022-2023』発行時点(2021年12月)のものとなります
日経キーワード 2022-2023』(日経HR編集部)

 時事・経済ニュースがみるみる分かるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。11テーマ、キーワードは500以上掲載。

 K字経済、SDGs、半導体不足、リスキリング、DX、宇宙ビジネス、脱炭素、ヤングケアラー、8050問題……。

 就職・転職、資格試験、公務員試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。

 幅広いテーマについて「よく耳にするけれども、うまく説明できない…」 そんな言葉の意味や背景が分かる。
1キーワードの解説をコンパクトにまとめ、定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適。

 巻頭企画は激動の2021年を振り返り、未来を理解し生きぬくために重要な語を集めた「2021年の10大キーワード」。

 巻末「資料編」には日経ならではの「基礎用語 ミニ辞典」など、押さえておくと役立つ資料をまとめた。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。