時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2022-2023』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

データエコノミー

 データエコノミーとは、個人行動や企業活動に関する膨大なデータ(ビッグデータ)を活用して、より大きな競争力や価値を生み出す経済のこと。

 インターネットやスマートフォンの普及により、世の中には様々な情報があふれている。そうしたビッグデータの中からAI(人工知能)などを利用して価値ある情報だけを取捨選択し、解析できる技術も発達してきた。その結果、販売促進や商品開発、個人の信用情報、選挙、災害対策などでも、収集分析したデータを活用して成果につなげられるようになってきた。

 例えば、ネットの通信販売では、個人それぞれの購買行動に関する履歴データを分析することで、個人に合ったおすすめ商品や広告を表示することが可能だ。車のナビゲーション情報を解析すると、災害時に通行可能な道路情報を提供することもできる。さらに、個人情報を分析し、その人の信用度合いを具体的な数値で表す信用スコアサービスも実用化されている。2021年5月にデジタル改革関連法が成立し、9月にはデジタル庁が発足するなど、政府もデータエコノミーを後押しする方向だ。

 一方で、産業の振興や利便性の向上と、個人情報保護とをいかに適切に両立させるかが課題となっている。

※本内容は、『日経キーワード2022-2023』(2021年12月発行)のものとなります
日経キーワード 2022-2023』(日経HR編集部)

 時事・経済ニュースがみるみる分かるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。11テーマ、キーワードは500以上掲載。

 K字経済、SDGs、半導体不足、リスキリング、DX、宇宙ビジネス、脱炭素、ヤングケアラー、8050問題……。

 就職・転職、資格試験、公務員試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。

 幅広いテーマについて「よく耳にするけれども、うまく説明できない…」 そんな言葉の意味や背景が分かる。
1キーワードの解説をコンパクトにまとめ、定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適。

 巻頭企画は激動の2021年を振り返り、未来を理解し生きぬくために重要な語を集めた「2021年の10大キーワード」。

 巻末「資料編」には日経ならではの「基礎用語 ミニ辞典」など、押さえておくと役立つ資料をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。