時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2022-2023』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

海賊版サイト対策

 海賊版とは、著作権法に違反して無断でコピーされた音楽、映像、ゲームソフト、書籍などのこと。海賊版を閲覧できるサイトが多数存在し、その被害は深刻な状況になっている。

 特に漫画の海賊版では最大といわれた「漫画村」(現在は閉鎖)の月間アクセス数は、文化庁によると最大で1億以上で、漫画家や出版社の収入・売り上げが20%減少したとの試算もある。漫画のほかにも、写真集、専門書、コンピューターソフトウエア、ゲーム、学術論文、新聞記事などでも海賊版の被害が拡大している。

 こうした状況を踏まえ、2021年1月に改正著作権法が施行。旧著作権法の規制対象は音楽と映像のみだったが、改正で漫画や書籍、論文、コンピュータープログラムなども対象となり、違法に公開されたと知りながらダウンロードすることも違法となった。また海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の運営も違法としたが(同規定20年10月1日施行)、スクリーンショットへの写り込みや数十ページの漫画の1コマ、新聞記事の数行、二次創作品(パロディー)のダウンロードなどは規制の対象外とした。

 また、出版やアニメ制作会社などの大手32社は21年1月、国際的に活動するホワイトハッカー集団と海賊版サイト対策で連携することを決めた。

※本内容は、『日経キーワード2022-2023』発行時点(2021年12月)のものとなります
日経キーワード 2022-2023』(日経HR編集部)

 時事・経済ニュースがみるみる分かるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。11テーマ、キーワードは500以上掲載。

 K字経済、SDGs、半導体不足、リスキリング、DX、宇宙ビジネス、脱炭素、ヤングケアラー、8050問題……。

 就職・転職、資格試験、公務員試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。

 幅広いテーマについて「よく耳にするけれども、うまく説明できない…」 そんな言葉の意味や背景が分かる。
1キーワードの解説をコンパクトにまとめ、定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適。

 巻頭企画は激動の2021年を振り返り、未来を理解し生きぬくために重要な語を集めた「2021年の10大キーワード」。

 巻末「資料編」には日経ならではの「基礎用語 ミニ辞典」など、押さえておくと役立つ資料をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。