時代が変われば新しいキーワードが生まれる。知らないままだと、恥をかくことも。そんな新たな時代を表す注目用語をまとめたのが、『日経キーワード2022-2023』(日経HR)。本書から一部抜粋して重要キーワードを紹介します。

ミレニアル世代とZ世代

 ミレニアル世代とは、米国のシンクタンク、ピュー・リサーチ・センターが定義した「1981~1996年に生まれた人々」を指す。

 同センターによれば、この世代は、上の世代とはまったく特性が異なり、貧困撲滅や気候変動対策、平等、公正、平和の実現、国際連合が提示した「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現などに関心を持ち、社会的意識が高いという。SNS(交流サイト)への関心も高く、情報の共有や他者とのつながりを求める。情報テクノロジーに対する知識もあり、「デジタルネーティブ世代」ともされる。自分の体験を情報発信することにも意欲的で、現在の多くのYouTuberはこの世代に相当する。加えて健康に配慮して喫煙や飲酒を好まない人が多いほか、貯蓄志向が強い傾向にある。

 ミレニアルの次世代として登場したのが、1990年代後半から2000年以降に生まれた「Z世代」と呼ばれる人々だ。物心がついたときからスマートフォンがあり、インターネットメディアに触れているデジタルネーティブである。リーマン・ショック後の不景気を経験しているため金銭面では保守的。仕事や学業にも真面目に取り組む一方で、SNSや動画を活用した高い情報発信・拡散力がある。スウェーデンの環境活動家であるグレタ・トゥンベリ氏はZ世代の1人。人権問題にも関心の高いミレニアル世代・Z世代が、コロナ禍の次の時代を担う存在として注目されている。

※本内容は、『日経キーワード2022-2023』発行時点(2021年12月)のものとなります
日経キーワード 2022-2023』(日経HR編集部)

 時事・経済ニュースがみるみる分かるようになり、短時間でビジネスや社会の動きをつかめる。11テーマ、キーワードは500以上掲載。

 K字経済、SDGs、半導体不足、リスキリング、DX、宇宙ビジネス、脱炭素、ヤングケアラー、8050問題……。

 就職・転職、資格試験、公務員試験、昇進試験、入試、ビジネスなど、さまざまな場面で活用できる。

 幅広いテーマについて「よく耳にするけれども、うまく説明できない…」 そんな言葉の意味や背景が分かる。
1キーワードの解説をコンパクトにまとめ、定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適。

 巻頭企画は激動の2021年を振り返り、未来を理解し生きぬくために重要な語を集めた「2021年の10大キーワード」。

 巻末「資料編」には日経ならではの「基礎用語 ミニ辞典」など、押さえておくと役立つ資料をまとめた。

この記事はシリーズ「時代を切り取る日経キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。