コロナ禍のもとでリモートワークが広がるとともに、人間関係が分断され、職場力が衰退する事態が多発している。背景には、コロナ前から、そこで働く人の抱える職場に対する「感情」の問題が増幅し、顕在化している面がある、と人事・組織コンサルタントの相原孝夫氏は述べる。今回は、業務内容、組織形態が違っていても、幸福な気持ちで働ける人々が満たしている3つの条件と、それら条件を実現させる方法について、『職場の「感情」論』(日本経済新聞出版)より抜粋して解説する。

3つの条件が満たされて、不幸な人はいない

 職場でハッピーな人が増えれば、生産性も創造性も高まり、成果が上がりやすくなることがさまざまな研究から判明している。それならば、私たちコンサルタントとしては、職場でハッピーな人たちを探し、調査・分析して、要素を抽出することになる。いわゆるベンチマークである。

 すると、「(1)良い人間関係を築き、(2)誇りをもって働き、(3)成長の機会に恵まれている人」がハッピーである、という当たり前の結論に至る。マズローの「欲求5段階説」の上3つ、つまり「所属の欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」だ。やはり根源的な欲求が満たされていればハッピーなのだ。

 次に検証作業に入る。まず、「3条件が満たされていても、ハッピーでない人」を探してみるのだ。これはさすがにいない。失敗をして上司から叱られ、短期的にはアンハッピーということはあっても、中期的に見て3条件が満たされているのにアンハッピーという人はいない。逆に、不満をためて転職を考えているような人は、3条件のうちのいずれか(複数の場合もある)が満たされていないことが確認できる。

 さらにコンサルタントという疑い深い人種としては、いかにも仕事が大変そうな職場で、ハッピーな人にも3条件が当てはまるのかと考えてみる。大変な職場でも、3条件がすべて満たされることはあり得るのか、と疑ってみるのだ。

人間関係が良好で、誇りをもって働けて、成長機会に恵まれている人が職場で不幸を感じることはない。(写真提供:TZIDO SUN/Shutterstock.com)
人間関係が良好で、誇りをもって働けて、成長機会に恵まれている人が職場で不幸を感じることはない。(写真提供:TZIDO SUN/Shutterstock.com)

新幹線清掃員が起こす「7分間の奇跡」

 しかし、仕事がきつく、大変な職場でもモチベーションが高く、ハッピーに働いている人たちはいる。有名なのは新幹線の清掃員である。これはアメリカのCNNによって、「7分間の奇跡」として紹介され、米ハーバード大学経営大学院の必須教材にもなっている。清掃員が一人で一車両を担当し、わずか7分間で完璧にキレイにするということで、そのようなタイトルになったようだ。この様子は、YouTubeでも見られるし、CNNのサイトでも効果音付きで動画を公開している。

 実際には彼ら、彼女らの幸福度を測定してはいないが、間違いなくイキイキ、テキパキと働いていて、その仕事ぶりに充実感が見て取れる。一度、東北新幹線のホームで、アメリカの学生たちが見学に訪れていたところに遭遇したことがある。窓から中をのぞき込んで、感嘆の声を上げている。どうやら、清掃員の仕事のスピードと効率の良さが強いインパクトを与えているようだった。

続きを読む 2/2 すべての職場は幸福にできる

この記事はシリーズ「凍った職場、温かな職場を分ける「感情」の正体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。