嫌な仕事を進めなくてもバレないから社員はサボる

 リモートワークが広がりはじめて1年を過ぎ、そろそろ「最悪のシナリオ」と「最良のシナリオ」が見えてきた。リモートワークにおける「最悪のシナリオ」とは次のようなものだ。

  • 在宅での勤務で社員がサボるかもしれないと会社が考え、監視を強化する。
  • それにより社員はストレスを蓄積させ、同僚同士の関係もぎくしゃくしていく。
  • やがてメンタルに問題を抱えたり、離職に走ったりする。
  • マネジャーも負担が重なり、疲弊していく。

 誰もが疑心暗鬼に陥っている極めて不幸な状態だ。せっかく柔軟な働き方が実現できたにも関わらず、社員の満足度も生産性も高まらず、むしろ低下し、成果が上がりにくい状況に陥るケースが多い。監視されれば、「やらされ感」が増幅するのは当然だ。多様な働き方を認め、生産性を高める手段であるはずのリモートワークが逆効果になってしまう。

 なぜ会社は社員を監視しようとするのか。それは社員がサボると思っているからである。では、なぜ社員はサボろうとするのか。嫌々やっている仕事であれば、サボりたくなる。しかしサボれば仕事は進まず、成果は出ない。進捗状況や結果は上司から確認されるので、サボったままでは済まない。しかし、それでも実際にはサボる例があり、それを会社側も心配している。つまり手を抜いても、それがバレないということだ。

「労働時間」を重視する会社の論理

 多くの企業で、個々の社員の役割や仕事成果の品質の基準は明確に定められておらず、社員に委ねられている。委ねられてはいるが、会社は社員を十分に信用してはいない。だから監視する。「オフィスへ出勤し、上司の目が届く範囲で仕事をするのならば安心だが、目の届かない所にいると心配」という感覚なのだ。できるだけオフィスで観察するのと変わらぬ管理をしなければならないと考え、「社員PC管理システム」などを導入してまで細かく監視する事態につながっている。

 しかし、オフィスに出社していても、本当にきちんと管理できているのだろうか。実際には職場でも「やらされ感」を抱きつつ、意欲もなく、非効率的に仕事をしている社員もいるに違いないが、そのような状態でも、決められた時間、その場でデスクに向かってさえいれば、これまではよかったのだ。社員を信用しているのか、信用していないのか、不明な状態である。

 つまり「成果よりも時間。とにかく長い時間、仕事をすれば高く評価する」という、生産現場における管理形態から抜け出せていない古い価値観である。かつて目立った、効率的に仕事をして上司より早く帰る部下よりも、非効率でも遅くまで残業している部下を高く評価してしまうような価値観だ。昨今では、そこまであからさまではないとしても、残業や休日出勤をする人を仕事熱心であると見る価値観が残っている企業はまだ多い。

 これは「ジョブ型」「メンバーシップ型」という枠組みで考えれば、完全にメンバーシップ型の価値観である。会社側が「社員はサボるかもしれない」と考え、実際に社員も「サボる余地がある」と感じている。監視する側、される側という関係性にある。これではリモートワークがとても機能しそうにない。こうした価値観のままではジョブ型への移行がうまくいかないのは当然だ。

会社が「社員はサボる」と考え、社員が「仕事はサボれる」と考える環境ではジョブ型はうまくいかない。(写真提供:Antonio Guillem/Shutterstock.com)
会社が「社員はサボる」と考え、社員が「仕事はサボれる」と考える環境ではジョブ型はうまくいかない。(写真提供:Antonio Guillem/Shutterstock.com)

ジョブ型と自律的な働き方は、「鶏と卵」の関係

 一方の「最良のシナリオ」とは、以下のようなものである。

  • メンバーの役割や成果が明確に定められている。
  • 仕事の進め方は本人に委ねられている。
  • 社員は自律的に働く。
  • マネジャーは適切なタイミングで必要なサポートを行う。

 キーワードは「自律」だが、実現には前提がある。いわゆる「ジョブ型」への移行だ。多くの企業で理念や行動指針の中で「自律」を強く標榜しているにも関わらず、いっこうに進まないのも、働き方の「ジョブ型」への移行が進んでいない点に原因がある。仕事の仕方や評価のあり方が、社員の「自律」と矛盾した状態にあるためだ。

 社員が自律的に働かなければジョブ型は機能せず、ジョブ型に移行しなければ社員は自律的に働かない。つまり、「卵が先か鶏が先か」ということになるが、価値観を変えるためには、新たな価値観に合った仕組みが必要で、その仕組みを機能させるには、新たな仕組みに合った価値観への移行が必要となる。いずれが欠けても頓挫してしまう。「ジョブ型」の人事制度など仕組みの整備と、雇用する側とされる側の新たな価値観へのシフトが、同時並行で進められなければならないのである。

職場の「感情」論』(日本経済新聞出版)

心が凍る職場、温かな職場を、何が分けるのか。職場の「感情」問題を多くの事例から解説します

 リモートワークの広がりで、さらに顕在化したのが職場の感情問題です。顔をつきあわせることのない日々は、働く人がそれぞれ何を感じ、どういう感情を抱いているかがお互いに認識しにくくなっています。そして、職場を構成する人々がどのような感情を持っているかが、生産性はもとより、仕事の質に大きく影響するのです。

 では、何が働く人の感情を大きく動かすのか。人間関係、リーダーの資質、企業ブランド、仕事の内容、組織風土などさまざまな要因がありますが、それがどのように作用し、どういう状況をもたらすのか、どうすれば好転させられるのかを人事・組織コンサルタントとして、多くの企業を観察した著者が、さまざまな事例を紹介しながら分かりやすく解説します。

この記事はシリーズ「凍った職場、温かな職場を分ける「感情」の正体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。