激動の環境変化が起きる令和。日本は、人口減少やグローバルマーケットでの存在感の低下などネガティブニュースが多い。そんな中、既存のビジネスモデルや他社の模倣では劇的な成長を上げることができないと気づき挑戦する者達がいる。新たな世界を切り開く彼らのビジネスや着眼点を学ぶことで、濃霧の中を進む指針を得られるはずだ。編集者・佐藤大介がそんな兆しをお伝えしたい。(写真:PIXTA)