パケ止まりがなぜ起きるのか 

 こうしたパケ止まりが起こる背景について、各社の見解はこうだ。

 NTTドコモは、5G通信エリアの端など、電波品質の悪い場所でパケ止まりが発生するという。その際、5G回線から4G回線への切り替えがうまくいかず、通信状態の悪い5G回線のまま通信してしまうのが原因だと説明している。KDDIは5Gの電波品質が弱くなったときのために、「3.9G回線」ともいわれる「LTEネットワーク」を用意しているが、5Gの電波が弱まっても電波基地局が5Gでの通信を継続しようとすると説明している。ソフトバンクは、基地局の切り替わりのタイミングでパケ止まりが発生することがあると解説する。

 各社の説明は細部に違いがあるものの、パケ止まりは基本的に5Gの周波数の特徴に起因している。5Gの周波数は4Gに比べ直進性が高い。そのため、障害物を回り込みにくく、基地局の設置密度が低いとカバーしにくい場所ができてしまうのだ。また、日本ではまだ都市部でも5G通信エリアが広がっておらず、5Gを使えるのは特定の建物内や狭い地域に限られている。5Gから4Gに切り替わるシーンが多いとパケ止まりが起きやすい。だが、5Gがどこでも通じてサクサク利用できるようになるのには、もう少し時間がかかりそうだ。 

 NTTドコモでは、5Gの通信環境が悪くなったら、より早く4G回線に切り替えるようネットワーク装置の設定を変更するとしている。また5G通信基地局を1万局まで増やすことでエリア内の通信品質向上に努めるとしている。

 KDDIでは、通信が集中しやすいJR東日本の山手線およびJR西日本の大阪環状線の全駅周辺で基地局を増設し、5G通信基地局の密度を高めることで、人々が集まる駅周辺でのつながりやすさを向上させるとしている。

 ソフトバンクでは、通信基地局の増設だけでなく、アンテナを送受信性の高いものに置き換えるなどして、パケ止まりを乗り越えようとしている。

 各社とも5G通信基地局を増設するとしているが、すぐに実現するわけではなく、しばらくはユーザーが不利益を被り続けることになりそうだ。

次ページ 5Gは利用すべきではないのか?