雑誌や新聞の定期購読を意味していた「サブスクリプション(サブスク)」。だが、今ではサブスクはIT系、デジタル系のサービスでも使われるようになってきた。ビジネスキーワードやトレンドワードとして目にすることが増えたサブスクを解説する。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 サブスクリプション(サブスク)という言葉を聞いて、何を連想するだろうか? 10年前なら、多くの人は新聞や雑誌の「定期購読」をイメージしただろう。しかし、今やサブスクはIT系、デジタル系のサービスをはじめ、様々な業界で利用される契約形態として導入されるようになっている。

サブスクは出版業界でおなじみの用語

 サブスクとは本来「定期購読」ないしは「定期購入」を意味し、雑誌や新聞などの出版物を定期的に購入する契約形態を指す言葉だった。売り切り販売と違って、企業は継続的に安定した収入を期待できる。

 出版分野のサブスクの変わり種としては、デアゴスティーニ・ジャパンやアシェット・コレクションズ・ジャパンが刊行する「分冊百科」がある。分冊百科は発行された号を全て購入してそろえることで完結する形式の書籍だ。

 例えば、飛行機や自動車の模型を完成させる分冊百科では、各号に付属してくるパーツを全て集めなければ、完成品は作れない。このため、読者は定期購読契約はしないものの、定期購読的な買い方をすることになる。このように出版物と関係が深かったサブスクだが、現在ではIT系や、デジタル系サービスの契約形態としての存在感を高めている。

 ソフトウエアはその1つだ。ソフトウエアはもともとユーザーが「買い切る」ものであり、一度購入すると期限を問わず使い続けられる。しかし、買い切りデメリットとして、機能の陳腐化とセキュリティー問題がある。購入したソフトウエアは、しばらくは無料でプログラムのアップデートを受けられる。しかし、新バージョンのソフトウエアが発売されると、古いソフトウエアの機能更新サービスや、セキュリティーやバグなどの脆弱(ぜいじゃく)性を克服するためのサポートは終了してしまうことが多い。このため機能が陳腐化するだけでなく、外部からの不正アクセスなどのリスクも高まってしまう。

 一方、ソフトウエアをサブスクで利用すれば、契約が継続している限り、常に最新バージョンを利用でき、機能面でもセキュリティー面でも安心だ。

 サービスを提供する側にとってサブスクのメリットはどうだろうか。製品を売り切ってしまえば、キャッシュフローは消費者の購入時点で終了してしまう。完成度の高い製品をつくって販売しても、その後消費者に買い替え需要が生じ、かつ再購入されなければ、企業の収益機会は一度きりになってしまう。

 一方、サブスクとして販売すれば、顧客がソフトウエアを乗り換えない限り、キャッシュフローは継続する。その収益を機能性やセキュリティーの向上に投資できる。デメリットとしては、短期でユーザーがサブスクをやめてしまうと、売り上げは積み上がらず、売り切りの場合より小さくなってしまうこともある。

続きを読む 2/2 飲食業もサブスクビジネスに参入

この記事はシリーズ「仕事をアップデートするビジネスキーワード・トレンドワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。