(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

 サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)という言葉がにわかに熱を帯びている。SDGs(持続可能な開発目標)が企業存続の上での一般的な考え方となるのと同じく、ビジネスの成長を兼ね備えた考え方として今後浸透していくことは間違いない。知ったかぶりはできないキーワードだ。

サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)の意味

 「サステナビリティ・トランスフォーメーション(以下SX)」という新しい言葉は、経済産業省が設置した「サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化検討会」の取り組みで提唱され、2020年8月発行の中間とりまとめの中で初めて展開された。

 中間報告でありながら、70ページを超える大作リポートであるためここに全文を載せることはできない。その中からSXに関する定義を抜粋する。

(1)企業としてのサステナビリティを高める

(2)社会要請などの不確実性に備え、企業の中長期的なリスクとオポチュニティの双方を把握し経営に反映する

(3)(1)と(2)を経営の軸として、都度アップデートを行い環境変化への適応を行う

といったものだ。

 まず、(1)だが企業の稼ぐ力をより中・長期的な視点で考え、その上で高めていくことが重要という提言だ。経営者にとってより長い視点で物事を考えるというのは至極当然。だが、ビジネスのスピードが上がった現代において、1年や四半期よりも短いスパンでPDCAが回される。そうしたなかで立ち返るべき長期的戦略は重要であるのは間違いないだろう。

 また、目下課題となっているコロナに限った話ではない。環境や顧客嗜好が激変する現代。昨日支持されていたサービスが明日には支持されないかもしれない。そうした状況に備えることができるビジネスを模索することが求められる。今までは見えないリスクに対して備えることはコストと考えられ、最適化が求められていた。だが、今リスク対策を怠る企業の明日は暗いだろう。

 (2)は、多様なリスクや環境変化に備えた自社のビジネスがどう変化するのか考え、それを経営指針とすベきだ、という提言だ。

 目下、認知から浸透フェイズに入ってきたSDGs。その観点から見た時、ビジネスが社会にとってのサステナビリティを失わせるものであったらどうだろうか。短期的には優良なビジネスであったとしても中長期的に継続することは難しいと言える。数字では追うことが難しい社会的な流れから取り残された企業は、あるタイミングで継続が難しくなる時期がくる。しかも、今後は今以上に潮目は読みにくくなる。

 例えば、温暖化問題によりCO2排出の直接的な要因として指摘される石油業界。脱炭素が加速され、代替エネルギーへの置き換えや転換が今後急速に進むといわれている。短期的には石油文化は継続するのは間違いないが、多くのアナリストが安泰とは言っていない。米運用大手ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)は、企業のCO2排出量を経営上のリスクと分析。運用目標の指数平均比で25%以上少なくなるよう選別するとも宣言している。

続きを読む 2/2 DXよりもSXが踏みこんで重視されている訳

この記事はシリーズ「仕事をアップデートするビジネスキーワード・トレンドワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。