CXOは今後も増加傾向に

 ベンチャー企業や外資系企業を中心にCXOを設けることは一般化しつつある。上記で挙げた以外にも以下のような役職が知られている。必ずしも役員ではないものの、経営の中核を担う人材として期待を込めて就任させることもある。

・CHRO(Chief Human Resource Officer)
最高人事責任者。人事部の役職者が名乗る場合と新たに役職として設置される場合がある。企業のサステナブルな人材獲得や育成を担い、外部から招致する場合もある。CHOと略される場合もあり。

・CMO(Chief Marketing Officer)
最高マーケティング責任者。企業のマーケティング戦略を担当し、商品の流通やサービス提供方法からブランディング、広告、商品開発など広く携わる。日本でも、CMOを設置する企業が増えつつある。

・CSO(Chief Strategy Officer)
最高戦略責任者。部署を横断した横串での戦略立案や、中長期的な経営戦略の立案を担当する。実行可能な成長戦略の立案や短期目標の設定など仕事の幅は広い。従来は経営企画室などが社長直下で担当することが多かった。

・CFO(Chief Financial Officer)
最高財務責任者。会社における金庫番を担当。四半期や通年での予算や売り上げ管理を担当。ただし、ベンチャー企業においては管理以上に、資金調達やM&A(合併・買収)に向けたデューデリジェンス(資産査定)などより攻めの会計を担当する。