一瞬、冗談のように聞こえるキーワード「貧テック」。「貧困+フィンテック」から生まれた造語だ。金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた「フィンテック」が市民権を得るとともにトレンドワードとして注目されるようになってきた。日経ビジネスでも、「『貧テック』って何だ? フィンテックの隠れた主役」という特集をしている。フィンテックの現状と課題を解説する。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

身近すぎて気づかないフィンテック

 「フィンテック」は、社会生活になくてはならないものとなっている。フィンテックについては当シリーズ「今さら人に聞けない常識キーワード」の「1980年代から始まった『フィンテック』がなぜ目新しいといわれるのか」で取り上げているので、詳しくはそちらを読んでいただきたい。

 フィンテックは私たちの生活にいつの間にか入り込んでいる。例えば、通勤などの交通費はスマートフォンで決済し、コンビニで買ったコーヒーはQRコードで支払う。昼休みには、ロボアドバイザーによる投資で増えた資産をチェック。夕方には、スマホを使って保険の契約内容を変更。夜には増えた資産を使って、クラウドファンディングに再投資する。お金とテクノロジーが結びついた利便性の高いサービスが提供されればされるほど、フィンテックサービスを使わずにはいられなくなる。

 貧テックはこれまで金融サービスの利用機会がなかった層にも広がりをみせている。企業しか利用できなかったり、手続きが煩雑で利用しにくかったりした金融サービスを個人でも手軽に利用できるのがポイントだ。例えば以下のようなサービスが登場している。

  • ソーシャルレンディング(「投資したい人」と「借りたい人」をネットでマッチングする金融サービス)
  • 給与ファクタリングサービス(給与所得者の「賃金債権」を業者が買い取り、給与日前に現金を受け取れる金融サービス)
  • ECプラットフォームでの後払いサービス(買い物の支払いを翌月以降に一括後払いにできる決済サービス)
  • プリペイド式クレジットカード(チャージした金額の範囲内でカード加盟店で利用できるクレジットカード)

 こうしたサービスは、金融サービスの利用に積極的ではなかった若者の間でも広まりつつある。その一方で、従来なら倫理的な問題から登場しなかったサービスや、法律上はホワイトだが限りなくグレーなサービスが登場しているのも事実だ。例えば、上記の給与ファクタリングサービスの中にはヤミ金まがいの悪徳業者も存在する。リテラシーが低い層をターゲットにしたモラルの低いサービスが、フィンテックを装って登場しているのだ。

 本来、サービスはユーザーの利益と企業の利益のバランスが取れていなければ長続きしない。だが、貧テックサービスには企業の利益を優先したサービスが散見されるし、本来なら金融サービスの対象とすべきではない層をターゲットにしているものもある。

給与ファクタリングや後払いの問題点

 そんな貧テックの問題を見ていこう。

【給与ファクタリング】
 給与ファクタリング(債権買い取り)は簡単に説明すれば「給与を先払いしてあげます。その代わりに手数料をいただきます」というサービスだ。中には、AI(人工知能)を利用して、素早くファクタリングの可否を判定するサービスもある。しっかりと返済できるユーザーであるとAIが判断すれば、一定の手数料を差し引いて迅速に給与を先払いする。消費者金融に「借金」をせずに手軽にお金を工面できる。だが、このサービスには落とし穴がある。

 20万円の手取り給与をファクタリングしたA君。1月に初めて利用し、給料日前にお金を手に入れ、その月は助かったものの、1カ月もすればお金がなくなり、その後も前借りを繰り返していた。

 しかし、前借りには手数料10%(2万円)がかかり、実際に先払いされるのは18万円。一方、返済金は20万円なので、給与は実質2万円減となり、生活は苦しくなる。そして10月、差し引かれた手数料総額は20万円に。ファクタリングでは生活が立ちゆかなくなり、結局クレジットカードのキャッシングでしのぐことに。こんなハズじゃなかったのに……。

続きを読む 2/2 貧テックサービスのこれから

この記事はシリーズ「今さら人に聞けない常識キーワード」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。