また一説によると、ナカモト・サトシという名前は複数人から成る研究者グループの名前であり、特定の個人を指すものではないというものもある。いずれの説であれ、なぜビットコインの発明者は自らの素性を偽ったり隠したりする必要がそもそもあるのかは不明だ。リリース当初は、前述した通りピザに交換するのがやっと。そんな資産を狙う人間はいなかったはずだ。

 もちろん現在では莫大な価値を持つビットコイン。彼が保有していたと言われる約100万ビットコインの価値は異常に大きくなってしまった。彼が開発当初から、ビットコインが過去の通貨と置き換わる存在になると確信していたとしたら、秘密にしているのも納得ができそうだ。

 ただ、ビットコインが莫大な価値を有するようになった今現在では、命を狙われる可能性が多分にある。そのため、うかつに自らの素性を明かすことができなくなってしまった。本人が世の中に出てこないことには、生みの親が日本人かどうか確証はない。

ビットコインの仕組み

 そんなビットコインだが、暗号通貨や暗号技術と混在して語られることも多い。まず、ビットコインとは、暗号通貨(仮想通貨とも呼ばれる)の一種で、日本円や米ドルといった通常の通貨(フィアット通貨)と異なり実態を持たない通貨だ。

 暗号通貨の鍵となる概念が暗号技術の「ブロックチェーン」。公開台帳と呼ばれるブロックチェーンには、通貨が発行されてから今日までに処理された全ての取引情報を含んでおり、保有者が各取引の有効性を検証できる仕組みになっている。

ビットコインの取引方法

 かつては、個人間でのビットコインの取引が主であったが、現在では取引所や販売所を介して取引が行われる。取引所では、通貨を買いたい人間と売りたい人間を仲介し、取引業者が仲介手数料を取っている。販売所では販売業者を相手にビットコインの売買を行い、販売業者は売買に際する売り価格と買い価格の差(スプレッド)を収益源としている。

 こうした取引方法の他に、近年ではETFや投資信託といった金融商品を通じてビットコインへ投資をする方法も登場しつつあり、取引の方法は多様になってきている。

次ページ 発掘(マイニング)