前編「シャープの歴史をひもとけば波乱の歴史が見えてくる」では、早川徳次の苦労の人生を紹介した。継母からいじめられ、奉公先の苦境時には再起に向け寄り添った。そんな彼は、海外からも求められる名品、シャープペンシルを大ヒットさせる。だが、虎の子だったシャープペンシル事業は、関東大震災で打撃を受け、やむなく事業をまるごと譲渡することになる。多くの人から止められたというシャープペンシル事業の譲渡。早川は揺るがなかった。だが、周囲の不安は的中することに……。

シャープ・ラジオの登場

 再度起業することになった徳次だが、シャープペンシルの次に取り組むべき製品を考えあぐねていた。そんな折、新聞でラジオ放送が開始されるとの報道を目にする。徳次はすぐさまラジオ受信機の開発を決意した。当時、国産のラジオ受信機はなかったが、縁者が米国から輸入した鉱石ラジオのうち1台を購入。それを分解し、構造を学んだ。

 徳次も従業員もラジオに関する知識は全くなかったが、1925年(大正14年)に日本初の国産ラジオ受信機(シャープ・ラジオ)を発売。ラジオの試験放送が同年6月より大阪で開始される中、米国からの輸入品の半額以下で買えるとあって、シャープ・ラジオは飛ぶように売れた。

関東大震災後、開発した国産初のラジオで再起を図った(提供:シャープ)
関東大震災後、開発した国産初のラジオで再起を図った(提供:シャープ)

 シャープ・ラジオの成功によって、再起に成功したと思われたが、徳次にふたたび苦難が訪れる。会社資産を差し押さえるため、突然、裁判所からの執行吏(昔の執行官)が会社に訪れたのだ。融通金(債務の返済手付金)を執行吏に支払い、ギリギリのところで差し押さえを逃れたものの、徳次には理由が一向に分からなかった。

 実は、シャープペンシル事業を譲渡したものの、経営に行き詰まった譲渡先の企業が「譲渡ではなく貸与である」として、借金の即時返済を迫る訴えを起こしていたのだ。徳次は、「借金は解決済み」としてすぐさま譲渡先の会社に応訴した。ラジオの製造販売は活況であったものの、依然として資金繰りは厳しく、裁判費用が重くのしかかった。結局、事業譲渡の証拠を書面で残していなかったため、借金返済義務を負う示談を受け入れることになってしまった。

続きを読む 2/4 経営危機により人員整理を迫られる

この記事はシリーズ「社史に学ぶ!あの企業のなぜ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。