アンナミラーズ開店

 最後に紹介したいのはアンナミラーズだ。

 井村屋は米サンフランシスコに本社を置くアンナミラーズ社と提携し、1973年(昭和48年)6月に東京・青山にアンナミラーズの1号店を開店させる。米国の家庭料理をモチーフにしたパイやチーズケーキなど、スイーツを楽しめるというのがコンセプトだ。また、米国と同じユニホームでの給仕や、先進的なコーヒーの飲み放題サービスなどが人気となった。

東京・青山に開店したアンナミラーズ1号店。(写真:井村屋)
東京・青山に開店したアンナミラーズ1号店。(写真:井村屋)

 和菓子とは異なる世界への進出だったが、アンナミラーズは拡大し人気も博した。だが、次第に洋菓子は一般化し、目新しさを失い、平成に入ると店舗数を減らしていく。

 そして2022年8月31日に最後の1店舗となった「アンナミラーズ高輪店」(東京・港)は、閉店となる。井村屋では閉店の理由を、品川駅西口基盤整備事業に伴う移転要請が国土交通省からあったためとしている。今後、パイの販売はネットショップで継続、アンナミラーズブランドは維持するという。

次ページ 和菓子の伝統に縛られない自由な発想