和蔵は、山田膳流しようかんを主力商品に、その後、「うずまき」「とらまき」といったヒット商品を生み出し、井村屋は地元で愛される和菓子屋となっていった。和菓子職人出身でないからこそ、ユニークな商品も多かったという。

 1906年(明治39年)には製造工場と蔵3棟を持つほどになり、従業員も20人を超える規模になっていた。

お菓子のヒットメーカーに

 大正時代も順調に成長した井村屋だが、1933年(昭和8年)、長男の井村二郎(以下、二郎)が事業を引き継ぐこととなった。戦争中は、砂糖が配給制になるなど苦しい時代もあった。

 そうした時代を経て、1947年(昭和22年)、二郎は株式会社井村屋を設立し、社長に就任する。GHQ(連合国軍総司令部)による米国産小麦の輸入が進み、日本の食料が和食から洋食にシフトする中、二郎は菓子も和から洋にシフトしていくと読んだ。

 最初は「乾パン」を製造していたが、その後ビスケットやキャラメル、ドロップ、ガムなどの製造を始める。砂糖の国内流通が自由化されるまでは、和菓子以外の菓子が井村屋を支えていった。

 砂糖流通の自由化後、ビタミンB1・B2、カルシウム入りのようかんや、「井村屋=小豆」のイメージを生んだ「粉末しるこ」「即席ぜんざい」を発売する。1961年(昭和36年)には名古屋証券取引所(名証)に上場。その3年後の1964年(昭和39年)にヒット商品が誕生する。

井村屋の主力商品となった肉まんとあんまん(写真:井村屋)
井村屋の主力商品となった肉まんとあんまん(写真:井村屋)

 当時、井村屋が新たに力を入れていたのはアイスクリームだった。だが、アイスクリームが売れるのは夏場だけだ。冬場になるとニーズが大幅に減る。そこで肉まんとあんまんを販売することになった。

 しかし、販売当初はあまり売り上げが伸びなかった。その後、大ヒットとなったのは、1968年(昭和43年)に、肉まんとあんまんを蒸すスチーマー(蒸し器)が導入されてからだ。夏場に使われたアイスクリーム用の冷凍ケースに肉まんとあんまんを入れておき、必要な分だけスチーマーで温めて販売することにしたのだ。客は店頭でアツアツの商品を手にでき、調理の手間もかからない。店舗にとっては冬用の商材が得られ、購入者は温かいものが食べられる。大きく成長につながったアイデア商品だった。その後、氷菓でも小豆バーというヒット商品を生み出していく。

次ページ アンナミラーズ開店