逆境からの再起

 1906年(明治39年)には豊田式織機(現・豊和工業)を設立。経営よりも開発に注力したかった佐吉は常務取締役技師長に就任。より大型の織機開発にはコストがかかるため、機器の製造・販売を会社に任せ、そこで得た資金で彼は商品開発と研究に専念するとの思惑があった。だが、そのもくろみ通りにはいかなかった。

 日露戦争後の恐慌により日本は不況に突入。大型設備投資となる織機は売れ行きが鈍化。会社として研究費を捻出し続けることが難しくなった。話が違うということで佐吉は会社と衝突。その結果、1910年(明治43年)に佐吉は自分が設立した会社を辞任、事実上解任されることとなる。彼にとって大きな挫折となったことは言うまでもない。開発してきた織機やそれを製造する工場、そして自身がそれまでに取得した特許などは全て会社に帰属してしまった。

 そうした逆境にあえいだ状態でも、佐吉は持ち前のバイタリティーで新たな事業を開始。1911年(明治44年)には現在の名古屋市西区に自動織機の発明・完成のための試験工場として豊田自動織布工場(現:トヨタ紡織)を設立した。工場設立のため佐吉は、資金集めに奔走した。工場設立後に第1次世界大戦が勃発。英国の綿布地の生産量が激減し、輸入に頼っていたため価格が高騰した。そんな中、豊田自動織布工場は国産で高品質な布地を生産することによって、マーケットを席巻。その追い風を基に、会社は急速に拡大していった。

情熱と技術の男、喜一郎

 1924年(大正13年)に佐吉と息子の喜一郎は「無停止杼換式豊田自動織機(通称、G型)」を開発する。このG型自動織機は効率性が高い上に、メンテナンスもしやすかったため、従来の織機を過去のものとするほどの名機だった。この製造販売のため1926 年(大正15年)に豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機)を設立。副社長として喜一郎が就任し、技術責任者として活躍することになる。

 喜一郎は紡績機など、様々な機器を父譲りの技術力で開発し続けた。ただ、彼は単に機械好きというわけではなかった。父佐吉と息子喜一郎には「自分たちの手でクルマをつくり、日本に自動車事業を興し、人々の生活を豊かにしたい」といった考えがあり、その実現のための下地作りでもあった。

次ページ 自動車事業を中国から支えた西川