スタイリッシュで高性能のキャンプ用品をつくり、熱狂的ファンの多いスノーピーク。社長就任以来、積極的に事業を展開する山井太社長だが、社員や社外の関係者とは、どんな人間関係を築いてきたのか。
(前回の記事はこちら

 2016年3月、スノーピークは、東証一部上場の記念式典を本社がある新潟県三条市で開催した。取引先や地元財界人など300人以上の関係者が足を運び、参加者からは「結婚式のような式典だった」と言われるほどの温かい催しとなった。

 その会場で驚くことが起きた。普段は、まるでロボットのように冷静で感情を一切表に出さない取引先の男性が、壇上で挨拶しながら感極まって涙を流していた。これまで気付かずにいたスノーピークに対する熱い思いを知り、感激もひとしおだった。

 私の周りには、仲間が多いと言われることもある。

 しかし、仕事をする上で、社内外に味方をつくろうとか増やそうとか、一度も考えたことはない。もっと言うと、周囲の人に対して敵や味方という見方をしたことがない。

 ただ、よく考えてみると、私には敵のほうが多いかもしれない。思ったことを、そのまま口にしてしまうからだ。

 例えば、20~30年前、地元で「この街は、安いものばっかり作ってるけれど、高いものを作った方がいいですよ!」と言い続けていた。これは相当角が立った。私を鼻で笑っている人も大勢いた。年配の先輩方からは「お前、そんな高いものばかり作って売れるのか!」と言われ、全く考えが合わなかった。

 分かってもらえなくても、どちらが地域のためになるかと一人考え、私は私なりの発信を続けてきた。

 もし、味方をつくろうなどと思っていたら、そんな言い方はしなかっただろう。

上場の記念式典の冒頭で、集まった関係者たちに挨拶する