新緑の季節、通勤途中の車の窓を開けると、何とも言えない木々のいい香りがただよってくる。大きく息を吸い、深呼吸をする数秒間は、私にとって最高に幸せな時間だ。

「人生に、野遊びを」。スノーピークはこのコーポレートメッセージを通じて、自然と共に生き、人間性を回復するライフスタイルを提案してきた。

年間40~60泊のペースでテントに泊まるという筆者(写真:栗原克己、以下同)

 私はこれまで56年間の人生で、テントで約1000泊している。最近は年間に40~60泊のペースだ。若い頃は、「好き」という気持ちだけでキャンプをしていたが、今のほうが忙しいせいか、キャンプ自体の効用を感じるようになった。キャンプに行かないと体の調子も悪いし、精神的なコンディションも低調な気がする。

 フェイスブックに「旅に出ます。探さないでください」と書き込むのが、キャンプなどの野遊びに出かけるサインだ。自然のサイクルの中で2泊すれば、多忙な日常生活で狂った何かが、必ずもとに戻る感覚を得ることができる。

 実は、野遊びの多くは、自社主催のイベントやスノーピーカーと呼ばれる全国のユーザーとの宿泊でもある。ここで語り合う時間や経験が、会社の抱える課題を解決するためのヒントとなることも多い。

経営と野遊びは、ある意味同じだ

 父の会社を継ぎ、社長になって今年で20年目を迎えた。昨年東証一部に上場を果たし、野遊びに支えられる私の社長人生で、新たなスタートが始まっている。

 我田引水ではない。振り返れば、経営と野遊びは、ある意味同じだ。

 晴れた日にキャンプに出かけても、その後も晴天が続くとは限らない。暴風になることも、大雨になることも、急に寒くなることもある。突発事項は日常茶飯事。何度キャンプに出掛けても、必ずと言っていいほど、予測不可能な出来事に遭遇することがあった。