新潟県三条市に本社を置くアウトドアメーカー、スノーピーク。テントや焚火台など、デザインと機能を兼ね備えた製品に対する熱狂的なファンが多い。100万円以上の購入実績のあるブラック会員1200人、30万円以上の購入のあるプラチナ会員1万人を抱える。 山井太社長は、86年、先代の父が創立した同社に入社。アウトドア用品の開発に着手すると、車を利用したオートキャンプシーンを確立し、独自のブランドを築いてきた。自然と人とをつなぎ「人間性の回復」をうたうスノーピークの今とこれからを語る。