アンケートを開始して今年で3年目となり、その効果は数字に出てきています。

 例えば、給与の件を例にとると、「給与を上げてもモチベーションが上がるのは一時的だから無駄だ」という意見もあります。でも、給与を上げると必ず下がることが1つだけあります。それは「離職率」なんです。

 これまで、入社から3~4年になる社員の離職率が高かったのですが、給与の額を見直したり、休暇の制度を整えたりすることで、減ってきています。また、入社1年目の社員の離職率も11%程になっています。

入社希望者を増やす、社員のリアルなメッセージ

 間接的ではありますが、採用面でも効果があります。入社志望の学生たちが店舗の見学に来る際に、店舗スタッフが胸を張って「うちはライフスタイル休暇で1週間のまとまった休みが取れて、日曜日もたまには休めて、給与も高い」と話すんですね。それを聞くと、入社希望の学生たちは「ここで働きたい!」と思うようです。

 会社が設定した説明会で人事担当が話すのではなく、現場に立つ社員のコメントですからリアルですよ。

 例年は新卒採用を秋まで実施していたのですが、今年はたくさんの応募が集まったので、8月末で採用活動を終了しました。当初の求人数を超える社員を採用でき、充足率は101%です。

 今年もまた、社員へのアンケート結果を読んで落ち込むことになるでしょう。でも、僕の心が折れそうになった時には、たぶん社員のほうがもっと傷ついているはずです。「こんなキツイことまで書く?」とアンケートを見て思うこともあります。でも、その彼(彼女)の気持ちを考えたら、それは解決しなきゃいけないと前向きになれます。

 とにかく社員を喜ばせたい。その分、社員にはお客様を喜ばせてほしい。間違えても、社員が社長を喜ばせようと考えるような社内文化は要りません。

(構成:尾越まり恵、編集:日経トップリーダー

「即効! 売り上げ・利益拡大セミナー」を開催します

 売り上げや利益が伸びないとあせって、闇雲に営業をかけても疲弊するだけです。しかし、実は、冷静になって視点を変えてみれば自社の強みとそれを生かせる市場を見つけ出せ、売り上げや利益を伸ばすことは難しくありません。

 コンセプト・シナジー社長の高杉康成氏が売り上げや利益を伸ばすための考え方を直接指導する「即効!売り上げ・利益拡大塾」を11月24日(木)、25日(金)の2日間で開講します。詳しくはこちらまで。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。