理由はこうでした。「怖い先輩が、飲み屋でかわいい飼い犬の写真を見せてくれた」「めちゃくちゃクールな先輩が、本気でアイドルの曲を踊りながら歌っていた」

 つまり、職場では見たことのない先輩の人間性や人となりが見えた段階で、ぐっと新入社員の心が動いていたのです。

 ここで言えるのは、真面目で面白味のないリーダーには誰もついていかないということ。若手社員の活躍を上手に促せる楽しい先輩が、今の若手にとっての理想の上司かもしれません。

IからWeで1000億円から1兆円へ成長

 さて僕はイワシのリーダーになれているだろうかと考えると、自分の意見をどんどん言ってしまうこともあり、まだサルに近いほうだと自覚しています。

 自己反省も含め、ストライプインターナショナルは、今後の人事戦略として、まずはリーダーの気持ちを入れ替えることから始めます。そのためには、チーム力を高めるマネージャー研修を取り入れ、人事考課でも、チームの力を引き出したリーダーの評価が上がるようにします。
 こうして社内文化がIからWeへと完全に変わっていけば、5年後には、今の時代に合った社内文化になっているはずです。

 

 あくまでも感覚値ですが、IからWeの社内文化になることが、目標としている売り上げ1000億円から1兆円への成長につながる気がするのです。

 さらに、そんなWeの文化の若手社員が、チームでの成功体験を積んで、30代後半で、逆にWeからIになる時がくるのではないかとも思っています。

 そこまで僕たちがうまく文化をつくり、引っ張り上げなければなりません。15年後には、チーム戦に長け、さらに個も磨かれた部長が出る。それこそが最強の組織ではないでしょうか。

(構成:尾越まり恵、編集:日経トップリーダー

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。