17年、客数アップを目指して始めたプロモーションが、「全世代マーケティング」です。10代のアンバサダーに広瀬すずさん、20~30代に宮﨑あおいさん、40~50代に鈴木京香さんを起用しました。

 3人のアンバサダーが出演するテレビCMを放送し、春と秋にはCMと同時にプロモーションをかけたところ、既存店の売り上げは前年比10%以上も伸びました。

 少子化が進み、ECサイトが発達している環境であっても、店舗で客数を増やしていることがアースの強みとなっています。これは全世代マーケティングが定着し始めた結果だと思います。

 「若者向け」から「全世代向け」に、ブランドのイメージが切り替わるまでに2年はかかると思っているので、もう少しこの戦略を続ける予定です。

ファッションレンタルアプリの「メチャカリ」は、月額5800円で新品の服が借り放題だ
ファッションレンタルアプリの「メチャカリ」は、月額5800円で新品の服が借り放題だ

新サービスは無名アイドルで

 プロモーションのためには、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを使うこともあります。ただ、認知度を上げたり、客数を増やしたりするためには、圧倒的にテレビCMが効くことが分かっています。

 15年に開始した新サービスのプロモーションにも、テレビCMを使いました。

次ページ 「服は二の次」の人がターゲット